ばね指

  • 今出ている痛みを取りたい
  • 引っ掛かりを取りたい
  • 指先が動きにくい
  • 前腕部の張りやだるさが気になる
  • 指先の冷え感やこわばり

ばね指とは?

 

指を動かす筋肉(腱)は腱鞘という鞘の中を通っているのですが、通常は摩擦がなく手指の屈曲は滑らかに動くことができます。その部分になんらかの炎症が起こっていると腱鞘の肥厚が生じるすべりが悪くなり摩擦が生じてしまいます。そのとき痛みとして感じることになります。このとき指の曲げ伸ばしがスムーズに行えず、急に指が伸びるばね現象がみられるため、手指で起こる腱鞘炎を一般的に『ばね指』と言います。

『ばね指』の1番の原因は、手指の使い過ぎによるものです。特に女性に多く家事やパソコン作業など指を良く使う仕事やスポーツなどに多いです。また妊娠中や出産後のホルモンバランスの変化、加齢による筋力低下・骨粗しょう症、糖尿病や人工透析など身体が構造的に弱くなる時期や病気の場合には『腱鞘』や『腱』が傷つきやすき症状が出やすくなります

当院で行っているばね指の治療法!!

当院に来られる『ばね指』の患者様に多く見られる共通点として…

「身体全体のバランスが悪い」

「姿勢が悪い(猫背姿勢)」                                   

「筋肉の柔軟性が低い(筋肉がガチガチ)」

「手の力みを抜くことがうまくできない」

などで、筋肉が硬い、また負担がかかっている状態で、手指を酷使している方多いように感じます。手指の使い過ぎがそもそもの原因となっているため指を使わないで安静にしておくことが大切です。しかし、『ばね指』になってしまった方は指を使う生活をされていますので指を使わずに安静にしておくということは難しいのが現状です。

垂水坂口鍼灸整骨院・整体院では、まず症状の原因である前腕から手指にかけての過剰な筋肉の緊張緩和を目的にマッサージ、鍼灸、ハイボルトなど症状に合わせた最善の治療法を提案させていただきます。手指の筋肉への負担を減らすテーピングの治療も行っています。

 

根本的に『ばね指』を治したい方は、手指の筋肉がリラックスするために、『肩こり・首こり』『不良姿勢』の改善が必要です。『肩こり・首こり』『不良姿勢』は手指にかけての過剰な筋肉の緊張を引き起こす大きな要因になります。

関係ないように思われるかもしれませんが、根本的に『ばね指』を治したい方は、是非取り組んでいく必要があります。

「指が痛い」「指が動かしづらい」などの初期症状では軽く見てしまいがちですが、重症化すると日常生活にも支障が出てきます。

生活習慣に密接に関係している手指のですので、同じように生活していて良くすることはできません。

何も対処せず治ることを期待するのは難しいでしょう。

重症化してしまえば手術に至る方もいます。早い段階からの治療を行うことができたら『ばね指』は改善します。

ぜひお早めに垂水坂口鍼灸整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。