むち打ち、交通事故の注意事項(頸椎捻挫、腰椎捻挫、打撲、挫傷)

2017年10月17日

 

神戸市垂水区舞多聞、小束山、にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院の北川です。

 

 

 

今回は交通事故でのむち打ちや、

 

後遺症とその認定についてあげさせて頂きます。

 

 

むちうちは、X線やレントゲン検査でも映らず、

 

医学的にも認められないケースも多々有ります。

 

その場合に重要になってくることが、自覚症状です。
 

ですので、医者に

 

「ちょっと安静にしていれば大丈夫でしょう」と

 

診断されても、いつまでも症状が良くならない場合、

 

神経や脊髄を損傷している可能性もあります。

 

以下の自覚症状に当てはまる方は、

 

症状を詳しく伝えるようにして下さい。
 

 

・医者の診断は「骨に異常なし」だったが、症状が良くならない

・症状に波はあるが、長期間にわたっている

・痛む場所が変わる

・少しの運動や仕事をすると症状が出てくる

・天候の変化や湿度、温度で症状が出てくる

・以前より集中力が無くなり、長時間の作業が困難になる

・頭痛・倦怠感・疲労感・不眠・めまいなど以前より、体調がすぐれない

 

繰り返しますが、

 

交通事故やスポーツなどで強い衝撃を受けて以降、

 

このような状態があるようでしたら、

 

必ず病院の診断と検査を受けるようにして下さい。
 

一度、診断を受けて「異常ありません」と

 

診断された方も、それは骨に以上がないだけかもしれません。

 

何らかの神経症状が生じている可能性は十分にあります。

 

神経症状はMRI検査をしなければ分からないこともあります。

 

 

ツライむちうちの症状を治療する方法

 

むちうちの症状に悩まされている方は、

 

少しでもこのつらい症状を抑えたいものです。

 

しかし、神経・脊髄を傷つけている場合もありますので、

 

自分でやってしまうと余計に症状を

 

悪化させてしまう可能性もあります。
 

ですので、むちうちの治療に関しては、

 

専門家に治療してもらうようにして下さい。

 

 

交通事故のむちうちで後遺障害認定されると、

損害賠償が増額する 

 

 

いかがでしょうか。

 

むちうちのことを理解していただけましたでしょうか。

 

医者から「異常なし」の診断を受けていても、

 

むちうち症は体の中に残ります。

 

医者を信用しすぎず、自覚症状があるようでしたら、

 

もう一度、診察・治療を行って下さい。
 

そして、むちうちの原因として最も多いものが、

 

交通事故です。

 

交通事故のむちうち症で1点とても大事なことがあります。

 

それは、

 

「むちうちが後遺障害に認定されると、

 

損害賠償が跳ね上がる」ということです。
 

お金の話に抵抗がある方もおられるかもしれませんが、

 

交通事故で被害にあってその後の生活で苦労するのは自分です。

 

その分の損害賠償がしっかりと貰えるのであれば、

 

しっかり貰っておきたいところです。
 

 

後遺障害とは、

 

治療が終わっても身体に残る障害のことで、

 

いわゆる後遺症のことですが、

 

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)に関する用語です。

 

後遺障害は第一級から、第十四級まであり、

 

支払われる自賠責保険の金額に影響します。
 

 

むちうちを後遺障害と認定してもらう方法

 

それでは、

 

どういう方法を取ればむちうちを後遺障害と

 

認定してもらうことができるでしょうか、

 

病院に行っただけで医者の方から

 

「今回は、症状が重いため後遺障害になるでしょう」と

 

言われることは、

 

むちうちではまず無いと言っていいでしょう。
 

かと言って、自覚症状があるというだけで

 

簡単に後遺障害に認定されるわけでもありません。

 

以下に、後遺障害と認定されるためのポイントを記載しましたので、

 

交通事故でのむちうちの症状が続く方は、

 

一度目を通してみてください。
 

繰り返しますが、

 

後遺障害はむちうちの自覚症状のみでは

 

認定される可能性はありません。

 

医学的に「今後も身体に障害が残るおそれがある」と

 

診断されなくてはなりません。

 

例えば、MRIの写真にむちうちにより神経を圧迫している

 

などの画像があれば証明できます。

 
ですので、医師の診察を受ける際は、自覚症状を伝え、

 

治療を行っていくだけでなく、

 

MRIや他の検査を受けられないかの

 

相談もするようにして下さい。

 

後遺障害を受けるには、

 

医師からの後遺障害認定書を書いてもらう

 

必要があります。

 

これは、整骨院や接骨院の先生ではなく、

 

医師しか書くことが出来ません。

 

ですので、上記のようにしっかり検査をしてもらった後に、

 

後遺障害認定書を書いてもらいましょう。

 

 

 

少しでも思い当たる、また事故を起こして気になるという方は、

垂水坂口鍼灸整骨院へ治療にお越しください。

 

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

  <垂水坂口鍼灸整骨院>      

top

交通事故・むち打ち

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。