小中学生のスポーツ疾患 オスグット病について

2017年11月8日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります

、垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、「オスグットシュラッター病」

についてお話しします。

オスグットシュラッター病とは、

みなさんも知っている「成長痛」、

成長期の子どもで膝に痛みが出る、

「オスグット病」のことです。

 

<オスグット病の病態・原因>

10〜15歳の成長期の子どもが、

跳躍やボールを蹴るなどのスポーツをしすぎること

=オーバーユースで発生します。

成長期は急激に身長が増加する時期、

急激に骨が軟骨から成長する時期です。

しかし、筋肉や腱などの軟部組織は

骨と同じようには成長しません。

よって、相対的に身体が硬くなってしまう時期とも言えます。

オスグット病にとても関わりが深い筋肉が、「大腿四頭筋」です。

この筋肉は、太ももの前側についており、

大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋の

4つからなります。

骨盤の上前腸骨棘という出っ張りの骨から

膝蓋骨(膝のおさら)、

膝蓋靭帯となって脛骨粗面(スネの骨)

にまで長くかかってついている、

膝を伸ばす際に働く筋肉です。

この大腿四頭筋の柔軟性が低下することで、

ジャンプやダッシュ、蹴るなどの繰り返しの動作によって、

大腿四頭筋が膝蓋靭帯を介して

脛骨結節を牽引する力が加わり、

骨が成長するために必要な骨端核が

存在する脛骨結節に負担がかかり、

骨端核の発育が阻害されたり、

脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかることで

成長軟骨部が剥離することで生じます。

 

<オスグット病の症状>

脛骨結節(膝のお皿の下の骨)が徐々に突出してきて、

限局した痛みと強い圧痛があります。

他にも、局所の熱感や腫脹、発赤などが認められます。

スポーツ動作全般で発生しますが、

特に、ジャンプ動作やダッシュ、

キック動作で痛みが出やすいです。

痛みにより、スポーツパフォーマンスが

低下することもありますが、

急性外傷のような突発的な怪我ではないため

運動休止の判断がとても難しいことが

問題として上げられます。

実際に現場では痛みを抱えながら活動を

続けている選手もいます。

休んでいると痛みはなくなりますが、

再びスポーツを開始すると痛みが再発してきてしまいます。

 

<オスグット病の好発スポーツ>

好発スポーツとして、

・陸上競技

・サッカー

・バレーボール

・バスケットボール

・バドミントン

などが上げられます。

動作としては、

・ジャンプ

・ダッシュ

・キック

・フルスクワット

などで起きやすいです。

 

<オスグット病の診断>

診断として、レントゲン検査が最も有用です。

脛骨結節に成長段階によって大きさは異なりますが

限局した骨端核の変化や遊離骨片を認めます。

MRI検査はさらに有用で、骨軟骨を覆う膝蓋腱の

肥厚や周囲の炎症性変化が確認できます。

また、特徴的な脛骨結節の限局的な疼痛や強い圧痛、

局所の熱感や腫脹、骨性の隆起なども

判断にはある程度可能です。

類似疾患として、「ジャンパー膝」があり、

こちらも繰り返しの動作や、

大腿四頭筋が大きく関わるスポーツ疾患です。

 

<オスグット病の治療>

オスグット病は成長期の一過性の疾患で、

多くの場合、成長が終了すると治癒します。

応急処置としてアイシングが有効です。

痛みに対しては、内服(消炎鎮痛剤)や湿布、

超音波や低周波などの物理療法などがあります。

坂口鍼灸整骨院では、「ハイボルト」

という電気の治療を行っており、

疼痛閾値を上げ、痛みを抑えていきます。

かなり即効性の高い治療になりますので、

ぜひ一度ご来院ください。

 

<オスグット病の予防>

オスグット病の原因として、

大腿四頭筋の柔軟性の低下が大きく関わっているので、

大腿四頭筋のストレッチが必須になります。

運動前後やお風呂上がりなど定期的に行いましょう。

運動時には、オスグット用の膝サポーターも有用です。

成長期には誰もが起きうる疾患です。

痛みを我慢しながらスポーツを続けると

他の怪我を発生させてしまう可能性があります。

悩み続けず、まずは一度ご相談ください。

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

スポーツ

垂水坂口鍼灸整骨院HP

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

 

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。