オスグット病

  • 走る、しゃがむ、ジャンプができない
  • 膝の下あたりが腫れあがってきている
  • 押さえると激痛
  • 成長期のスポーツしている子に多い
  • スポーツ後のストレッチを普段してない

オスグッドは10~16歳の成長期に特にスポーツをしているお子さんに起こりやすいことが特徴のスポーツ傷害の代表的なものです。

痛みが強く出て膝を曲げにくくなる症状があり、ひどい場合には筋肉が付着している骨が剥離してしまうこともあります。

また成長が止まるまでの間、痛みが続くため我慢しながらプレーをしていることが多いのが現状です。

オスグットの発生原因とは

成長期には急激な身長増加のため骨も急成長するのですが、筋肉や腱は同様に成長してはいかないため筋肉が硬くなってしまいます。

そして太ももの前にある大腿四頭筋といわれる筋肉の柔軟性が低下してしまいます。

このような状態でダッシュやジャンプ動作を繰り返し行うことによって大腿四頭筋が付着するお皿の下にある脛骨粗面に引っ張る力が過剰に加わってしまうため痛みが出てしまいます。

この脛骨粗面は骨端核と言う骨の成長に必要なものがあるためこれが引っ張られることにより隆起してしまい痛みが出てしまいます。

 

症状としては

・脛骨粗面(膝のお皿の下)の痛みと圧痛

・腫れや熱感とボコッと骨の隆起がみられる

・膝の曲げ伸ばしやダッシュやジャンプ動作時の痛み

・正座ができない

などがあげられます。

 

発症しやすいスポーツ

陸上、サッカー、バスケ、バレーボール、バドミントン、野球

オスグットに対する施術内容

 

当院では

ハイボルト

という特殊な電気を用いて痛みの緩和を目的とした施術を行っていきます。

 

 

プロのスポーツ現場でも使われているもので除痛効果の高い医療機器になります。

筋肉の硬さや柔軟性不足が起因にもなってくるため自宅でも簡単にできるストレッチなどのケアの方法をお伝えし痛みを軽減させながら運動中などに痛みが出にくい状態を目指していきます。