モートン病

  • 痛くて歩けない
  • おさえると激痛が走る
  • 足先が痺れている
  • 有痛性の腫瘤がある
  • 2、3趾、4、5趾に症状がある

モートン病とは?

個人差はありますが、第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)のしびれ、疼痛、灼熱痛などの多彩な神経症状が出現します。前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴に来院することもあります。障害部位は、第2-3、4-5足趾間のこともあります。

 

モートン病原因!!

中腰の作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。2,3趾間・4,5趾間に変形がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。

 

2,3趾間・4,5趾間に変形がある場合や中腰の作業、ハイヒールの常用などで趾の付け根の関節(MP関節:中足趾節関節)でつま先立ちをすることによって、足趾に行く神経が中足骨間を連結する靱帯(深横中足靱帯)のすぐ足底部を通過するため、この靱帯と地面の間で圧迫されて生じる神経障害です。
圧迫部の近位には仮性神経腫といわれる有痛性の神経腫が形成されます。中年以降の女性に多く発症します。

垂水坂口鍼灸整骨院の治療法!

坂口鍼灸整骨院では、

モートン病の症状に対しての施術として

・ハイボルト療法

・楽トレ(インナーマッスルトレーニング)

MPF療法(深層筋調整)

をメインとした施術をおこない、

根本を改善していくために、除痛だけでなく再発する痛みが二度とでないように施術をおこなっています。

 

「ハイボルト療法」とは

炎症や痛みを取り除く施術で、検査にもなり原因となっている筋肉や神経に電気を流し効果をだします。

この特殊な電寮施術の特徴として炎症や痛みを取り除くだけでなく、

どの筋肉に原因があるのか同時にみつけられます。

 

痛みがなかった日常生活に戻り始めると、

MPF療法」という当院独自の特別な手技により、

根本の原因になっている深層筋(インナーマッスル)の硬さを調整し、姿勢・身体の歪みを引き起こしている問題を整えていきます。

 

そして、同時に歪みを調整しながら、

「楽トレ」で簡単に鍛えることができないインナーマッスルを鍛えていきます。

正しい姿勢を保つには、身体の支えとなるインナーマッスルを鍛えることで歪みがでにくくなります。

さらに、身体を動かすことがいつも同じ動かし方でも以前より楽になり、日常や仕事での疲れが感じにくくなり、軸が安定するのでスポーツパフォーマンスも向上します。

 

また施術と同じくらい重要な、

患者様1人1人の身体の歪みや癖にそって、

自宅でできるストレッチや効果的なエクササイズを

お伝えし再発しない身体づくりを一緒におこなっていきます。

 

モートン病でたくさんの患者様が当院の施術を受けられ改善しています!

是非1度当院へお越し下さい。

あなたの悩みを一緒に解決します。