交通事故・むち打ちからも起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」とは??(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、名谷、西区、舞子)

2017年12月26日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、交通事故で多くあるむち打ちからも

起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」

についてお話しします。

頚椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、

体内のある臓器が本来あるべき位置から

脱出してしまった状態を指します。

有名なところでは、

・臍ヘルニア〈でべそ〉、

・鼠径ヘルニア〈脱腸)

があります。

これが背骨のクッションである

椎間板におこったものを

椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中に存在する髄核という

ゲル状の組織が、

外に飛び出してしまった状態です。

次に頚椎についてですが、

頚椎は全部で7つあり、

上から順に第一頚椎、第二頚椎と

名付けられます。

各頚椎間には椎間板と

呼ばれる組織があります。

この椎間板は上下の頚椎を連結しており、

ある程度の弾力がありますが、

この椎間板の組織がこわれて

脊髄や神経根が急激に

圧迫されるようことがあります。

これが、頚椎椎間板ヘルニアと

呼ばれるものです。

飛び出したヘルニアが

神経を圧迫することで

様々な症状を引き起こします。

交通事故よる外力、加齢による変性、

姿勢不良、激しい運動などによる負担が

椎間板にかかることで発症します。

一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや

放散痛が生じるタイプで、

「しびれ」を生ずる場合と、

軽度の場合、首の痛み、肩こり、

軽い手のしびれなどを訴えます。

徐々に首を反らす動きが

制限されるようになり、

腕や手に痛みが走るようになります。

重症化してくると手や

腕の感覚が無くなったり、

握力を始め筋力が低下してきます。

手先を使う作業が上手くできなくなり、

場合によっては下半身にも症状が出現します。

重症例では早期の治療が非常に重要です

両手の「しびれ」がみられたり、

両手を使って行う細かい動作

・箸を使う動作

・ボタンをかける動作

・ページをめくる動作

など巧緻運動が

徐々に出来にくくなったり、

両足が足先から段々としびれてきたり、

歩行がなんとなく

不自由になるなどの症状です。

頚椎カラーは有用なこともありますが、

この装具を長期間使用していると

頚部の筋肉が萎縮してしまい、

かえって長期にわたる

頚部痛が残ることもありますので、

漫然とした使用は避けるべきです

頚椎椎間板ヘルニアの原因

交通事故によるむち打ちによっておこる他に、

はっきりした原因は

分からないことが多いですが、

加齢による椎間板の変形

によって飛び出すことや、

猫背などの姿勢の悪さ、

スポーツが原因で発症することもあるので

若い人も注意が必要です。

特に30~50代に多く見られる病気です。

また、頚椎の脱臼など外傷が

起因するものもあります。

治療法としてきをつけたいのが、

牽引です。

牽引をすべて否定するものではありませんが、

日本の頚椎専門の医師の中では

「頚椎牽引は無効である」。

と言い切られる医師もおられます。

垂水坂口鍼灸整骨院では、

頚椎椎間板ヘルニアに骨盤の

歪みや姿勢からくる

根本治療が必要なもののひとつと

考えています。

それは、骨盤は背骨の土台であり、

特に座っている時に骨盤が傾いてしまうと

上半身も同じ方に傾いてしまいます。

そういったなるべくして

なってしまった症状を

根本から治療していきます。

 

そして、

垂水坂口鍼灸整骨院は

むち打ち治療協会認定院です。

もし交通事故でお困りのことが

ございましたら、一度ご相談ください!!

【 坂口鍼灸整骨院グループ

 ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

垂水坂口鍼灸整骨院> 

交通事故・むち打ち

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。