交通事故のむち打ちでの後遺障害認定について

2018年02月5日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります

垂水坂口鍼灸整骨院です。

「後遺障害認定」について

まず、後遺症の診断の流れですが、

およそ6ヵ月間通院しても痛みや痺れといった

症状が改善しない場合、症状固定と

医師に診断され後遺障害の認定を受けるかになります。

症状固定とは、

治療を続けてもこれ以上の改善が見込めずと

判断される段階を言います。

症状固定とは本来医学的な意味で

医師が診断することであり、

そのタイミングは被害者自身と

症状経過を見てきた医師とが

一緒に決めるべきことです。

診断書は医師に書いてもらうものとなっています。

後遺症の審査をするのは、

第三者機関である損害料率算出機構の

自賠責損害調査事務所というところになります。

この事務所では、自賠責保険で支払われる

保険金額のチェックといった業務を行っており、

その前提として、

後遺障害の認定もこの事務所が行っているのです。

後遺障害の申請は、

保険会社が窓口となっておりますが、

当事者である加害者側の保険会社が

被害者の後遺症を認定しているわけではありません。

 

申請方法としては二つあります。

事前認定による申請で、

相手側の保険会社が代行する方法です。

もう一つが、

被害者請求による申請で、

被害者側から申請する方法です。

どちらでおこなっても、

後遺症の審査にかかる期間は

一か月程度が多いようです。

時間を要するケースでは

三か月以上かかることもあります。

遺障害の認定を受けるための基準としては、

『等級要件に当てはまるか』

『事故との間に因果関係があるか』

などを書面からみていきます。

後遺障害とは「交通事故を起因とした、

治る見込みはないと医師が判断した症状」

を指しています。

1.事故の状況と、「患者(被害者)が

医師に申告する症状」と程度が

一致していること

2.事故当初から、医療機関への

定期的な通院を続けていること

3.事故当初から、患者(被害者)の

訴える症状が続いており、かつその症状には

一貫性がある(痛みの回復、再発ではない)こと

4.症状が重たいと認められ、

かつ日常生活において継続している

(日常で慢性的に症状が出ている)

と認められていること

5.症状にズレや矛盾がない他覚的所見

(第三者が確認できる画像診断結果や

検査結果など)があること

 

後遺障害等級の認定のためといっても

医師にどのような点を確認すればよいか

分からないという場合は、

専門家である弁護士さんへの

相談も必要なケースもでてきます。

当院では専属の弁護士さんもいますので、安心して通院して下さい。

 

整骨院に一番に行くメリット

①後遺症を引き起こさないための、

初期治療が早くうけられます!!!

②大変な保険会社との対応方法について、

じっくりお伝えいたします!!!

当院には、交通事故の専門知識を持った

スタッフがおりますので、

保険会社様との対応についてサポートさせていただきます。

③交通事故で多い

むち打ち症・捻挫・打撲というケガは

垂水坂口鍼灸整骨院の得意分野です。

そして、交通事故で負傷したケガを整骨院では、

自賠責保険を使用することによって

0円で治療を受けることができます!!!

※自賠責保険が適用できない場合もあります。

交通事故にあって困っている方は、

是非垂水坂口鍼灸整骨院にお電話ください。

 

<垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

腰痛、筋・筋膜性腰痛

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

<交通事故ページ>

 

655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】