交通事故治療の重要性

  • 交通事故に遭ったが治療には行ってない
  • 事故後しばらくして症状が出てきた
  • 事故の治療はどこで受けるべきなのか
  • 相談に乗ってくれる人がいない
  • 事故後痛みが続いている

当院は「むち打ち治療協会」から認定を貰った、交通事故・むち打ち治療専門院になります。

専門院である当院だからこそできる治療があります!交通事故の事でお困りの事がございましたら、是非当院にご相談ください。

交通事故に遭ったしまった際に大切なポイント

ポイント➀身体の状態

交通事故に遭い、骨折などの目に見えるケガをした場合、そのままにはせず必ず病院に行くと思います。ですが、目には見えないケガの場合、受診せずにそのままにしてしまう患者様がいらっしゃいます。

関節痛のイラスト(首)

 

このような目に見えないケガや少しの痛み・違和感でも、事故後は必ず病院や整形外科を受診してください。早期に適切な治療を受けていただくのが、お身体にとって一番良い方法です。つい後回しにしてしまいがちなご自身の身体の問題ですが、こういう時だからこそ一番に考え、そのままにせず早めの受診を心がけましょう。

ポイント②早期+適切な治療

ポイント①でもお伝えしたように、早期に適切な治療を受けていただくのが最適な方法になります。この理由として、治療の遅れ・不適切な治療により、症状の長期化や後遺症として残ってしまう恐れがあるからです。

問診のイラスト(女医・女性患者)

交通事故によるもので多いのが『むち打ち』と呼ばれる首の捻挫です。むち打ちは、レントゲンなどの画像診断では判断が難しく、異常なしと判断されてしまう事があり、適切な治療を行わず湿布等で終わってしまうケースも多いです。

むち打ち等は、遅れて症状が出てくる場合もあり、無症状だからと言って放っておくと、症状の悪化やその後後遺症に悩まされる危険性があります

 

 

ポイント③補償を受けるために

病院での受診は、お身体の為に大切になってきます。

しかし、それだけではなく補償を受けるためにも大切になってきます。交通事故、病院や整形外科を受診せず1週間以上経過してしまうと、自賠責保険(自動車強制保険)の適応外となり、治療費が実費負担となる事があります。

自賠責保険の補償対象であれば、交通事故にゆるケガやストレス、交通事故によるケガで生じた経済的損失など、国から治療費や慰謝料が支払われます。自己負担なく治療を受けるためにも、まずは病院等で受診していただくことが大切になってきます。

早期治療の大切さ

むち打ちの損傷部である首には、脊髄と呼ばれるとても大切な神経があります。

交通事故による強い衝撃で、首が鞭のようにしなるため、首の中にある脊髄まで傷つけてしまう可能性があります。そのため、自己判断で放っておくのは非常に危険です。

治療せずにいると、症状の悪化後遺症として残ってしまう場合もあります。

 

症状が事故直後に出ていない、あるいは軽かったとしても必ず病院等へ受診し、その後しっかりとした治療を受けてください。

当院では、専門知識をもったスタッフによる治療を行っています。交通事故による治療はもちろんのこと、その他交通事故に関する相談は任せて下さい!!