成長痛

  • 夜間痛が出る
  • 痛みが出ても次の日は元気
  • 子供である
  • 骨折や捻挫をしているわけではない
  • 痛みが長引くことはない

こんにちは、垂水坂口鍼灸整骨院です。
今回は、成長痛に関してのお話です!
皆さんは小さいころ、成長痛があった経験はありますか?
また、今お子さんがいて成長痛かな?
と感じたことがあるでしょうか??

この成長痛は原因がよくわからないことで有名ですが
なぜ痛みが出るのでしょうか?

成長痛とは?

まず成長痛とは、どういった症状が出るのかというと

年齢でいうと3歳~12歳の子供におこり足や膝に痛みがでてきます。

他にも股関節ふくらはぎ太ももといった部分にもおこってきたりします。

痛みの度合いも様々で痛みがきつい子であれば泣くほど痛いと訴える子もいます。

また、さすってあげたり、抱っこをしてあげると痛みは落ち着き

次の日には痛みが落ち着いていたりします。

また、特にお昼、学校にいるときや幼稚園、保育園にいたりするときは別に痛みが出現するこ

とがないというのもこの成長痛の特徴です。

成長痛の原因は??

では、成長痛の原因はいったい何なのでしょうか?
実ははっきりとした原因は不明です。

ですが、今考えられている原因を2つほど紹介したいと思います!

まずひとつは心因性によるものです。
心因性なのでいわゆる心のストレスが原因になっているということです。
成長痛の子供で病院に来る子たちは周りの環境が変わって、例えば
妹弟ができたり、保育園幼稚園に入園する際など
環境によるストレスを感じている子たちが多いのです。

もうひとつは筋肉が伸ばされて起こるものです。
小さい子供になると骨はどんどん成長していきます。
そして、筋肉が骨の成長に追い付かずどんどん伸ばされて
その筋肉に痛みを生じるようになっていきます。

気を付けてほしいこと

成長痛に関して気を付けてほしいのは
判断の仕方です。
痛みが出ている場合で中には腫瘍だったケースもあります。

では、どういった部分を気を付けていくのが大切になるのでしょうか??

発熱(患部に熱を感じる)や腫脹(はれ)感じない

圧痛(押さえて出る痛み)や多動痛(人に動かされて出る痛み)

日中は元気で、X線でも異常所見がない事が診断ポイントです。

成長痛には特別な治療法などはないので
痛い部分をさすってあげたり、心因性の原因も考えられるため
スキンシップを取ってあげることが重要になってきます!
もしも、症状が気になる場合は病院の受診をお勧めいたします。

また病院を受診しても成長痛だといわれた場合は
ぜひお気軽に、垂水坂口鍼灸整骨院までご相談ください!!