椎間板ヘルニア

  • ・身体を前や後ろに曲げると電気が走る方向がある!
  • ・長時間同じ姿勢で痛みや痺れがでる!
  • ・痛みや痺れを慢性的にある!
  • ・腰から殿部、下肢に凝りをよく感じる!
  • ・症状がでた最初は温めると楽だった!

椎間板ヘルニアとは、椎間板(クッション)が椎骨(背骨)と椎骨の間にある元々ある位置から飛びだしたものです。

そして、痛みや痺れ、筋力低下がでるのはこの飛びだした椎間板が筋肉や神経を圧迫することによりおきます。主に、腰や殿部、下肢に症状が出る症状です。そのひとつに、坐骨神経痛がありたくさんの方におこります。

それは、腰椎といわれる腰の骨の4番目と5番目の間と、腰椎の5番目と腰椎の下にある仙椎の1番目の間でおこることが多いからです。この二つで椎間板ヘルニアの約80%となります。

年代別・性別でみると椎間板ヘルニアは20代~40代の男性によくでる症状です。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアになる原因の一つは、日常生活や仕事、スポーツでの「姿勢」です。

姿勢が悪いと背骨のアーチが崩れ、荷重や力の流れが分散されず椎間(背骨)に負荷がかかり続け椎間板(クッション)が飛び出す要因になります。

・身体が歪んだ状態で重たいものを持つ

・猫背姿勢での長時間のデスクワークや片側重心での長時間の立ち仕事

・歪んだ姿勢で家事を毎日おこなう

・歪んだ姿勢でトレーニングやスポーツをおこなう など

 

他にも「深層筋(インナーマッスル)の機能・筋力低下」があります。

骨格を支えるためにある深層部の筋肉は無意識に身体を支えています。

この深層筋が弱くなることで姿勢が崩れ、徐々に背骨の椎骨・椎間に負荷がかかり椎間板ヘルニアとなります。その結果、神経や筋肉、血管を圧迫してしまい痛みや痺れとなります。

垂水坂口鍼灸整骨院での治療

身体の各種検査、評価し最善な計画を提供させていただきます。

「楽トレ」

身体を無意識に支えるインナーマッスル(深層筋)を鍛えます。

治療によって整った姿勢を維持する筋力がつき再発予防につながります。

身体をつかって運動をするのが苦手な方も寝たままおこなうことができます。

様々な効果があり、その例としては、

・朝の目覚めがスッキリするようになった。

・眠りが深くなった。             ・腹式呼吸ができるようになった。

・姿勢がよくなった。             ・階段の昇り降りが楽になった。

・ふらつかなくなった。            ・正座ができるようになった。

・頻尿・尿漏れの改善。          ・スポーツのパフォーマンス力が向上した。

・脚が軽くなりつまづかなくなった。  ・日々の疲れを感じなくなった。

 

「ハイボルト療法」

高い電圧により、筋トーヌスの正常化を図り、筋出力を引き上げ、疼痛の閾値を上げ、痛みや痺れを軽減させます。

微弱な電流で炎症を抑えることもできます。

検査機器にもなり、痛みや痺れが出ている原因の場所を調べることもできます。

 

「鍼灸」

髪の毛ほどの鍼をうつことで身体に小さな傷を与えます。その傷を治そうとして血流が集中していき身体の中の自己治癒力を高める生理現象を利用して痛みを取ります。

鍼をうつことでの痛みは基本でないため安心して受けていただくことができます。そしてお灸を使うことでより血流の循環を促し痛みをより早く取っていきます。

 

「MPF療法」

当院独自の手技療法で、表層筋・深層筋の両方にアプローチをおこないます。

交感神経・副交感神経の特性を用いながらおこない、痛みを取り除きながら骨格や¥・骨盤の矯正をおこないます。

 

上記の治療方法をお身体に合った最善な組み合わせで椎間板ヘルニアによる症状を改善させていきます。