産後のママのお悩みについて(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、舞子)

2018年04月11日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

 

今回は 産後骨盤矯正について書いていきます。

 

出産を終え、今までなかったような体型の崩れや肩こり、腰痛など

産後トラブルに悩まされているかたは多いのはないでしょうか?

そのような様々な不調はもしかしたら

 骨盤 の歪みが原因では引き起っているかもしれません!!!

 

骨盤とは?

骨盤は体の中心にあり、下半身に繋がる骨や上半身を支えている

背骨とつながっているので骨盤は大切だといわれています。

骨盤はほかのところとたくさん繋がっているので

骨盤が歪むことによって身体のいろいろな所に支障がおこります。

また、骨盤の中には子宮などの臓器があるため骨盤自体が歪むことによって

他の臓器にも影響が出てくるようになります。

なので骨盤を正しく整えることは非常に大切になってきます。

 

 

出産を終えてこのようなお悩みはありませんか?

 

・痩せにくくなった

・出産する前よりもむくみ冷えが気になる

・体型が変わった気がする

股関節恥骨の痛みがある

・子供の抱っこで肩こり腰痛がひどい

上記のようなむくみや痛みが増えたのではないでしょうか?

 

産後なぜ骨盤が歪むのか・・・?

 

出産する前にも日常生活で、骨盤が歪むかもしれない場面があります。

 

・ついつい癖でしてしまう、椅子に座っている時に脚を組むこと

・片足に重心をおいて立つこと

・女性に多い横すわりをすること

上記のような、日常生活での場面では骨盤が歪んでしまう可能性が高いです。

 

では、日常生活とは違って産後はなぜ骨盤が歪みやすいのでしょうか?

妊娠三か月頃から出するまで リラキシン というホルモンが分泌されます。

長い方で産後6か月くらいまで影響があるといわれています。

このリラキシンというホルモンは産道を確保するために

骨盤のじんたい関節緩める働きがあります。

じん帯や関節を緩めるということは骨盤がゆるみやすい状態ということです。

リラキシンが分泌されている妊娠中から産後数か月の間は、

姿勢が悪くなる影響をうけやすく、

骨盤が歪みやすい時期であることを注意しておきましょう。

 

骨盤矯正する時期は?

産後2か月産後6か月の間にしましょう。

産後二か月というのは、悪露の量もだんだんと少なくなってきています。

しかし、個人差がありますので自分のペースで

様子を見ながら少しづつ身体を動かしていきましょう!

 

骨盤矯正するのは、早すぎて良くないですが遅すぎても良くないです。

つまり、骨盤矯正するのにはタイミングが必要となってきます。

骨盤矯正がおそすぎると、骨盤が動いて安定してくるので骨盤の歪みが治りにくくなります。

骨盤の歪みが取れ、骨盤が安すれば妊娠する前よりも良い状態でいられます!

 

 

骨盤矯正は健康のために必要ではありますが

出産してすぐの母体の身体はたくさんのエネルギーを使っているので

安静にしておかないといけません。

産後2か月以降でも無理は禁物です!!!

特に外出する場合は、動悸やめまいにきをつけましょう。

 

産後のじん帯はとても柔らかくて、しなやかです。

出産前の身体に戻したい!痩せたい!と思うママはたくさんいると思います。

今こそ体の歪みを整える人生最大のチャンスなのです!!!

 

なにか気になることがございましたら

垂水坂口鍼灸整骨院まで、ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

交通事故ページ

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】