知っていますか?交通事故に遭ったら行う7つの項目! 垂水坂口鍼灸整骨院(垂水区・西区・舞多聞・小束山・名谷・学園都市)

2018年07月19日

交通事故現場で損害賠償の話をしない

もちろん示談書を作成等は絶対しないように。

念書にも書かないようにしてください。

示談交渉は治療が完了しかかった費用全体がハッキリしてから行うようにします。

金額の書かれた種類に簡単に署名捺印してしまうと

取り返しのつかない損をしてしまう場合があります。

例えば、交通事故の損害賠償が十分になされなかったりすることもあります。

書類に署名捺印する前には必ず交通事故の専門家に相談しましょう。

 

事故直後にあらず病院に行き精密検査を受けましょう。

交通事故直後は極度の興奮状態にあります。

そのため痛みを感じないことも少なくありません。

しかし、軽い事故に右手も骨折していたり

事故後数日して症状が出てきたりすることもあります。

後で体に異常が出る事はよくあります。

検査費用も原則的に自賠責保険から出るので安心です。

必ず当日のうちに病院を受診してください。

 

保険会社へ連絡します

保険会社に連絡しないと保証が受けられなくなることもあります。

保険会社とは定期的に連絡を取るようにしようしましょう。

また、勝手に一応先の病院を変更したり千代崎を変更したいすると

保険会社が治療費を負担してくれない場合もあります。

転院する場合は一定の手続きが必要です。

むち打ち治療協会認定院である、垂水坂口鍼灸整骨院に電話で相談してください。

 

必ず警察で事故の連絡をしてください

警察に届け出がないと保険会社に保険金を請求する際に必要な

交通事故証明書が発行できません。

加害者には届出の義務がありますが

加害者が届け出をしないことも多いのです。

加害者が警察に届けないようにできても消してをしてはいけません。

事故は警察に病院の診断書と人身事故の届け出を提出しましょう。

物損事故にしてしまうと治療費の請求ができなくなることもあります。

 

加害者の連絡先や加害者ナンバーの確認を忘れずに

加害者の氏名、住所、電話番号 自動車の登録ナンバーをしっかりと確認します。

具体的には免許証の提示を求めます。

勤務先や名刺車の会社名なの確認してください。

可能なら携帯のカメラなので免許証と車検証の写真を撮っておきましょう。

 

領収書等交通事故関係の書類は大切に保管します

事故によってかかった費用の領収書等はなくさないように。

タクシーの領収書、医師の診断書作成料等の領収書はすべて大切に保管してください。

 

事故の目撃者や承認になってくれそうな人の連絡先を聞いておく

目撃証言が示談の行方を左右することもあるので

事故の目撃者や承認になってくれそうな人がいたら

氏名・住所・電話番号等を聞いておきます。

写真はいろいろな角度から撮ります。

また、事故の時に被害者が身に付けていた

衣類事故車は処分せずに保管しておきましょう。

過失割合の等について後でトラブルになった際、真実を発見する手がかりになる場合もあります。

 

 

http://expand-t.com/jiko/

http://expand-t.com

 

〇垂水坂口鍼灸整骨院

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】