胸郭出口症候群

  • 物干しなどの時に腕がしびれる
  • 指先が冷たく感じる
  • 首や肩の凝り、腕指の痛み・しびれがある
  • 指先の感覚が鈍くなってきた
  • 指先がこわばる

胸郭出口症候群は鎖骨の下あたりで神経血管が圧迫されて

しびれや痛みが出てくる症状です。

指先が冷たく冷え性のように感じたり、一定の態勢になると腕が

しびれてきたりします。

胸郭出口症候群の原因は?

胸郭出口症候群は細かく分けることができます。

・斜角筋症候群

・肋鎖症候群(肋骨と鎖骨)

・過外転症候群(小胸筋症候群)

        

つまりは筋肉で圧迫されている場合とで圧迫されている場合とが

あります。一般的にはなで肩の女性や腕をよく使う方に発生することが

多いので、姿勢不良や巻き肩により神経が圧迫されてしまいます。

 

 

胸郭出口症候群の治療法とは…

まずは上記でも上げさせて頂いている通り

胸郭出口症候群の原因となっている、神経や血管が圧迫されている場所を特定して

その圧迫を取らせていただくのが治療内容となります。

 

筋肉が硬くなっているのはほぼ間違いないのですが

特に巻き肩猫背なで肩(姿勢)

が原因となって起きている場合が

ほとんどとなっております。

 

その元々の根本的な所を治していかないと

姿勢の変化によって神経や血管が圧迫されてしびれや痛みが出てきます。

 

当院でさせて頂いている治療は

MPF療法

神経が圧迫を受けやすい姿勢・骨盤の状態を整えるために深層筋の硬縮を取り除き負担を軽減させられる状態を作っていきます。

 

筋肉がものすごく硬ければ

鍼灸治療

髪の毛ほどの細さの鍼を使って筋肉に刺激を与え、緩ましていきます。

 

そして

インナーマッスル

インナーマッスルは姿勢・骨盤の支える重要な筋肉であり圧迫しやすい状態の姿勢にならず日常生活や仕事時などにいい状態を作れるようにしていくことで痛みやしびれが取れ再発しない身体にも同時に作っていきます。

 

こういった施術に加えて自宅や仕事の合間に簡単にできるストレッチエクササイズもお伝えしていき院に来ていただき施術するだけでなく少しでも早くお体が良くなるようにサポートしていきますので一緒に症状を改善して再び同じ症状で悩まない身体を作っていきます。