腸脛靱帯炎について(神戸市垂水区舞多聞、小束山にある垂水坂口鍼灸整骨院)

2017年11月28日

こんにちは。

 

本日は、ランナーに多い膝周りの症状でおこる

 

腸脛靭帯炎についてお話していきます。

 

 

腸脛靱帯炎は、膝の外側に痛みがでる症状ですが、

 

走った時・走った後に痛みが出たり、

 

ある一定の距離まで走ると痛みが出る方もいます。

 

また、痛みが出ても休むとある程度良くなって、

 

走り始めるとまた痛くなることを

 

繰り返す症状でもあります。

 

 

 

 

主因はオーバーユースです。

 

過剰なランニング時間と距離、

 

柔軟性不足(ウォームアップ不足)、

 

休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、

 

下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因

 

があります。

 

 

腸脛靱帯が膝部外側で摩擦し、

 

疼痛〈とうつう〉が発生する腸脛靱帯炎。

 

腸脛靭帯が擦れてしまうのは、

 

大腿筋膜張筋の硬さが原因です。

 

 

腸脛靭帯と大腿筋膜張筋は繋がっているため、

 

大腿筋膜張筋が緩んでいれば腸脛靭帯も緩み、

 

腸脛靭帯は骨と擦れにくくなります。

 

しかし、大腿筋膜張筋が硬くなっていると

 

腸脛靭帯もピンと張ってしまうため、

 

腸脛靭帯は太ももの骨と

 

擦れやすくなってしまいます。

 

摩擦が繰り返しおこるため

 

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在します。

 

 

この腸脛靱帯を張らせている原因の筋肉の硬さを

 

解消することができれば、

 

痛みは改善されていきます。

 

 

 

ケアとしては、

 

第1に局所の安静、

 

つまり、ランニングの休止が重要です。

 

 

次に、大腿筋膜張筋など股関節外側部を

 

主としたストレッチも有効です。

 

 

気をつけたいのが、

 

膝関節外側部での疼痛を主症状とする、

 

外側半月板損傷との鑑別が必要となります。

 

 

他に膝関節外側に負担がかかる要因には

  • 走り過ぎ、使い過ぎ
  • O脚
  • 外側重心
  • ランニングフォーム

などが挙げられます。

 

 

なにより重要なのが「姿勢の改善」です。

 

姿勢の改善が重要かというと、

 

姿勢が崩れていると太ももに負担がかかるからです。

 

 

特に「骨盤が後傾」していたり、

 

「猫背」になると後ろ重心になり、

 

太ももに負担がかかりやすくなります。

 

 

腸脛靭帯炎になる方をみると、

 

姿勢に一つ特徴がみられます。

それは、

 

背中が丸まっている方に多いということです。

 

少し難しい話になりますが、

 

背中が丸まっていると骨盤も丸まってしまいます。

これを、専門的には「骨盤後傾」と言います。

骨盤後傾位になることで、

 

重心は後方に傾きます。

 

このままでは、

 

後ろに倒れてしまうので太ももの前・外側が

 

頑張ることで身体を支えようとします。

 

このように、姿勢を安定させるために

 

優位に使う筋肉(よく使う筋肉)が

 

大腿筋膜張筋になるため、

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

例えば、背中を丸めた状態で歩いてみて下さい。

太ももの外側がとても張ってきませんか?

それが、大腿筋膜張筋に

 

負担がかかっていることになります。

 

そのままスポーツや生活をしていたら

 

腸脛靭帯炎になりやすくなります。

 

 

その結果、姿勢が崩れているだけで

 

腸脛靭帯炎にもなりやすくなる。

 

 

他にもなりやすい要因として、

 

大腿筋膜張筋は、

 

体が横に動揺した際などに

 

体を安定させようとする役割があります。

大腿筋膜張筋以外にも、

 

中殿筋というお尻の筋肉や体幹のコアで

 

身体を安定させています。

 

しかし、中殿筋などの筋力が低下すると

 

身体を安定させるために大腿筋膜張筋が

 

過剰に働かなければいけないため

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

 

歩行やランニングのフォームが悪いと

 

大腿筋膜張筋に負担がかかります。

腸脛靭帯炎になる方の特徴として、

 

ニーアウト・トゥーインと言われる

 

膝が外に逃げるようなフォームになっていると

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

痛みがあると、マッサージをしたり、

 

ストレッチをして痛みを改善していきます。

たしかに筋肉を緩めることは大切ですが、

 

筋肉が硬くなってしまう原因も同時に

 

取り除いていかないと腸脛靭帯炎の改善は難しいです。

 

なぜなら、緩めても悪いフォームで歩いていたり、

 

スポーツをしているとすぐに大腿筋膜張筋に

 

大きな負担がかかり硬くなってしまうからです

 

 

早期に腸脛靭帯炎を治したい場合は

 

垂水坂口鍼灸整骨院へお越しください。

 

 

経験と知識が豊富なスタッフが

 

治療とアドバイスさせていただきます。

 

 <垂水坂口鍼灸整骨院>

 

http://expand-t.com

 

http://expand-t.com/sports/

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

http://expand-k.com

  • 北島坂口鍼灸整骨院

 

  • 阿南坂口鍼灸整骨院

 

  • 鴨島坂口鍼灸整骨院

 

  • 鳴門坂口鍼灸整骨院

 

  • 坂口鍼灸整骨院 徳島院

 

  • 国府坂口鍼灸整骨院

 

  • 垂水坂口鍼灸整骨院