花粉症が交通事故を引き起こす可能性がある!?(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、舞子)

2018年04月14日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

 

今回は花粉症による交通事故について書いていきます。

 

花粉症による交通事故

 

冬の季節が終わり、だんだんと温かくなってきました。

温かくなってきた時期で3月・4月に起こることは花粉症です。

花粉症の症状が出てくる地域で一番早いところは、2月の下旬から始まり

一番ひどくてピークな時は3月だといわれています。

3月には、スギ花粉がたくさん飛ぶ時期でもありますが

PM2.5や黄砂もたくさん飛んでいるため、

3月が一番花粉症でのピークとなっています。

 

花粉症の症状として

・鼻がムズムズする

・鼻水がでる

・目がかゆい

 

上記のような花粉症の症状があります。

日常で過ごしていても花粉症の症状は支障がおこりますが、

運転中に、花粉症の症状がおこると、とても危険です。

 

運転中に花粉症の症状が起きたらどのような危険性があるのでしょうか?

 

①居眠り運転

花粉症の薬を飲むと副作用の関係で眠たくなります。

薬をのんで、花粉症の症状が落ち着いても

眠気がきて、居眠り運転で交通事故を起こしたり

集中力が切れて交通事故を起こす可能性が高くなります。

 

②不注意による交通事故

花粉症は頻繁にくしゃみや咳がでてくるので

運転の操作を間違えると、衝突事故やブレーキとアクセルの踏み間違えが

おこるので、花粉症の症状がきつい方は、

とくに車を運転する際には気を付けましょう。

 

③花粉による視野の低下

花粉によってとても目がかゆくなって充血したり涙目になったりします。

車を運転する際は、周りをよく見て運転しないと

とても危ない事故を起こす可能性が高くなってきます。

 

上記のように、花粉症によっておこる交通事故は、

とても身近に感じられます。

 

交通事故は、いつどこでおこるのかわかない、

自分が交通事故を起こさないようにしていても起こるものなのです。

万が一、交通事故に遭ったら・・・

①警察に電話する

軽い事故でも必ず警察に連絡してください。

警察に電話しないと負担金が増えたり法律で、

罰せられる可能性があるので必ず電話しましょう。

 

②お互いの連絡先を交換する

住所・氏名・電話番号を交換しておきましょう。

 

③任意保険会社へ連絡する

事故起こしたその場所での示談は必ずしてはいけません。

ご契約されている任意保険会社様の方へ連絡してください。

 

④治療をする

交通事故を起こして、どこにいけばいいのかわからない

まずなにをしたらいいのかわからない・・・

などで悩んでいる方は、当院へお電話ください。

当院の交通事故治療は、国家資格を持った施術者が痛めた部位

に対して、早期に適切な処置をすることによって

より早い回復を目指し、後遺症が残らないように努めます。

 

垂水坂口鍼灸整骨院の交通事故治療の特徴

・病院との併用が可能

・窓口負担が0円

・保険会社との交渉が可能

・完全個別対応施術

 

当院では、20時まで受付しているので、

お仕事で忙しくてなかなか通院できない方などにはおすすめです。

そして、お子様連れの方でもキッズスペースも完備しています。

 

交通事故をおこしてどこいったらいいのかわかない方などは

是非、垂水坂口鍼灸整骨院にご連絡ください。

 

〇診療時間

平日 午前 9時15分~12時00分

   午後 15時30分~20時00分

土曜日 8時15分~17時30分

日曜日 8時15分~12時00分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

交通事故ページ

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】