交通事故でよく聞く過失割合とは?(神戸市垂水区舞多聞西、小束山)

2018年02月3日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、交通事故での過失割合・過失相殺について書いていきます。

 

過失割合とは・・・?

万が一の場合交通事故にあった際、被害者になったとき

相手に対して損害賠償請求をします。

このときにとても重要なのが過失割合です。

過失割合とは、交通事故発生原因について、

どちらの当時者にどれだけの責任があるかという責任の割合のことです。

被害者と加害者が両方いるとしていても、

被害者側にも何らかの過失が認められることが多いです。

重要なのは、加害者側と被害者側の過失割合を決めなければなりません。

例 6:4

  7:3

などに過失割合を決める。

それぞれ上限は100で下限は0です。

過失割合の決定方法は・・・?

契約している保険会社同士が協議によって決定されます。

決定した際、道路交通法に基づき、

公平な見地で算出を行っています。

過失割合の決定は、過去にあった事故の

類似の裁判事例を基準としているで、

契約する保険会社によって、

割合の変動がおこりうることがあります。

警察は、よく過失割合の決定に

関与しているとおもわれがちですが

現場に立ち会い、現場確認、

事実の確認を行っているので

警察は過失割合には関与していないのです。

過失相殺とは・・・?

もし、交通事故に遭ったら、事故の相手方に対して

賠償金の支払いが請求できます。

このとき、基本的には発生した

損害の項目ごとに金額を計算して、

その合計を相手に請求することができます。

しかし、多くのケースでは損害金の

すべてを支払ってもらえません。

なぜかというと、被害者側にも

一定の過失が認められるからです。

2月にはいりより一層寒さが

厳しくなってきています。

道路の凍結により、交通事故が

多くなってくる季節でもあります。

そして、2月は午前6時と7時台、午後5時と6時台の

死亡事故が目立ってきています。

車を運転される方は、

早めのライト点灯をつけましょう。

また歩行者は、明るい服装を着ることと

反射材の利用をしましょう!

交通事故を防ぐためのチェック項目!!!

・昨日の夜はきちんと睡眠はとれましたか?

・いらいらしたり、たまっている疲れはありませんか?

・昨日、飲んだお酒は残っていませんか?

・渋滞に巻き込まれて、イライラしていませんか?

・長時間、運転する場合には、

運転開始後2時間以内に1回は休憩とっていますか?

万が一、交通事故に遭ったら・・・

①110番へ必ず電話をしましょう!!

軽い交通事故でも必ず警察のほうに

電話をしてください。

怠ると、負担金が増える可能性がありますし、

法律で罰せられる可能性もございます。

なので、どのような交通事故に遭われても

必ず警察に電話をしましょう!

②お互いの連絡先の交換!!

相手の住所・氏名・電話番号などを

必ず記録しておいてください。

③任意保険会社への連絡!!

その場での示談はかならず禁物です!!!

ご契約されている任意保険会社へ

必ず連絡してください!!

④治療をする!!

どこで治療しよう?

どこに行けばいいのかわからない・・・

という方はぜひ当院までお電話ください。

なぜ整骨院で治療するのが一番良いか?

整骨院に一番に行くメリット

①後遺症を引き起こさないための、

初期治療が早くうけられます!!!

②大変な保険会社との対応方法について、

じっくりお伝えいたします!!!

当院には、交通事故の専門知識を持った

スタッフがおりますので、

保険会社様との対応についてサポートさせていただきます。

③交通事故で多い

むち打ち症・捻挫・打撲というケガは

整骨院の得意分野です。

そして、交通事故で負傷したケガを整骨院では、

自賠責保険を使用することによって

0円で治療を受けることができます!!!

※自賠責保険が適用できない場合もあります。

交通事故にあって困っている方は、

是非垂水坂口鍼灸整骨院にお電話ください。

 

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

<交通事故ページ>

腰痛、ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】