頚椎症

  • 家事などをしていて腕がだるい、痛い
  • 最近手に力が入らなくなった
  • 腕にしびれが出てきている
  • 肩こりが強い
  • 手先の細かい作業が不自由

頚椎症は首のを構成する七つの骨組みが加齢による変性(老化現象)により

じん帯や関節が固くなり痛みやしびれが出てきた症状を言います。

脊髄や神経根が圧迫されると運動障害が出ることもあります

 

頚椎症の原因とは

頚椎症の原因は先ほど話した通りで加齢により筋肉や関節が固くなり

神経根を圧迫していることによるものです。

クッションの役割をしている椎間板が変形しても負担がかかり神経根圧迫

につながります

また脊髄が圧迫されたものを頚椎症性脊髄症と呼びます

この場合しびれや痛みが強くなる傾向にあるため早めの処置が肝心です

頚椎症を治すためには

頚椎症ではやはり圧迫をうけている神経根の負担をとることが最優先となります

そうすることで痛み痺れが緩和し運動障害もなくなります。

坂口鍼灸整骨院では始めにハイボルト療法と呼ばれる特殊な電気の機械を使い

痛みや炎症の出ている部分を除去していきます。

 

次に頚椎症は必ず圧迫を受けている姿勢不良からくるので姿勢矯正のMPF療法をします

再発予防のため姿勢を根本的に治療していくことが重要となります

さらに予防していくのであればインナーマッスルトレーニングをしていくことも

お勧めしています。こちらも専用の機械で筋肉量を検査できるので

痛みでお悩みの方はぜひご相談ください。