「交通事故で治療費・修理代等に関わる過失割合」

2018年02月26日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

本日は、

「交通事故での過失割合について」

 

交通事故の過失割合とは、

発生した交通事故に対する、

当事者の責任(不注意)の大きさを割合で示したものです。

 

交通事故の過失割合とは、

発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、

通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、

過失割合を決定します。

 

その話合いの基準となるのは、

過去の裁判例です。

実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、

実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

 

同じ事故であれば、

物損事故でも人身事故でも過失割合は変わりません。
人身事故だからという理由で、

加害者側の過失が大きくなることはありません。

 

当事者の主張に食い違いがある場合などには、

専門の調査会社に依頼し、

道路状況を詳しく調べます。

例えば、センターラインの有無や道幅、

見通しなどの道路状況や信号の変わるタイミングなどを確認します。

さらに人身事故の場合には、

警察が作成する「実況見分調書」の内容を確認することもあります。

これらの情報から事故状況を確認します。

 

交通事故の被害者になった場合、

自分の過失割合が高くなると、

過失相殺によって相手に請求出来る賠償金の金額が

小さくなってしまうので、

なるべくなら自分の過失割合を減らさないといけません。

自分の過失割合が0になったら、

過失相殺が行われないので、

相手に対して損害の全額の支払い請求ができます。

 

自分の過失割合が0になると、問題が起こる

それは、自分の自動車保険が示談交渉を代行してくれないことです。

交通事故の自動車保険に入っていると、

相手との示談交渉は、

通常自分の任意保険会社が代行してくれます。

自動車保険の対人賠償責任保険には、

示談交渉サービスがついているからです。

 

被害者側に過失がある場合、

その過失割合の分は相手に賠償金を支払わなければならないので、

被害者が相手に支払うべきお金が発生します。

そして、その金額は自分の自動車保険会社が支払います。

そこで、自動車保険の対人賠償責任保険に入っているとき、

自分の任意保険会社は、

被害者が相手に支払うべき賠償金の金額について、

大きな利害関係を持ちます。

このようなことから、被害者に過失があり、

相手に対する支払いが発生するときには、

自分の保険会社が相手と示談交渉をしてくれます。

 

過失割合は、

事故のパターンごとに、

過去の判例を基準にして決定されます。

この過去の判例の蓄積による過失割合認定のための基準は、

過失割合認定基準と呼ばれます。

 

過失割合認定基準は、

一般の人でも見ることができます。

おすすめの方法は、

別冊判例タイムズという法律雑誌で調べる方法です。

この雑誌の

「民事交通訴訟における過失相殺率等の認定基準」という項目を見ると、

各交通事故のパターン別の過失割合が載っているので、

自分の事故のケースにあてはめて適切な過失割合を調べることができます。

 

例えばですが、

信号機のある交差点上の自動車同士の直進車同士の事故のケースです。

この場合、信号者の色によって大きく過失割合が異なります。

 

一方の信号が赤、一方の信号が青の場合には、

信号が赤の車:青の車=100:0となります。

一方の信号が黄、一方の信号が赤の場合には、

信号が黄の車:赤の車=20:80となります。
赤信号同士の事故の場合には、50:50となります。

一方の信号が青、もう一方が交差点進入時には青だったけれども交差点内で信号の色が変わってしまった場合には、

青信号の車:もう一方の車=30:70となります。

 

むち打ち症、捻挫、打撲などのけがは

垂水坂口鍼灸整骨院の得意分野です。

 

交通事故に遭われてお困りなことがございましたら、

お気軽にお電話ください。

 

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

腰痛、筋・筋膜性腰痛

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】