スポーツ障害(肉離れ)について

2017年11月4日

こんにちは

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります

垂水坂口鍼灸整骨院の柔道整復師の笹木です。

 

11月になりました。

台風も過ぎ去り、空はすっかり秋模様ですね。

皆さんはどのような秋をお過ごしでしょうか?

読書にレジャーに文化祭と、

様々な楽しみ方があると思われます。

秋といえば、、、、、、

「マラソン」などの競技が活発化してきます。

そんな今回は、スポーツ障害の

「肉離れ」

について書いていきたいと思います。

そもそも、「肉離れ」って何?

と思われる方もいると思われます。

「肉離れ」とは、

筋肉の収縮力が筋肉の強度を上回った場合に損傷することが多く、

スポーツ活動などにおいて、

加速期や減速期に生じやすく、

特に強烈な遠心性収縮(筋肉が伸びた状態)で

生じやすい、

「筋肉の収縮異常」

で起こる筋肉の断裂が伴うケガのことです。

これは、損傷している箇所に、

過剰な負荷が加わったり、過度に伸張されることにより、

同一の緊張状態が長時間強いられる場合の損傷です。

好発部位は、大腿部(ハムストリングス)や

下腿部(腓腹筋)などの下肢の筋肉に多く、

筋肉の表層や筋膜、筋腱移行部に起こります。

「肉離れ」は程度により、

「完全断裂」と

「部分断裂」に分けられ、

段階として、第Ⅰ度~第Ⅲ度に分類されます。

 

第Ⅰ度:軽症。筋繊維の断裂は認められません。

筋肉が引き伸ばされた状態のもの。

損傷しているところに痛みや違和感や不快感がみられるものの、

歩行可能の状態。

 

第Ⅱ度:中度。(一般的な肉離れ)

部分断裂損傷で、完全には断裂していないもの。

圧痛と腫脹(腫れ)がみられ、

筋肉の収縮は出来ますが、痛みで収縮出来ないこともあります。

 

第Ⅲ度:完全断裂。

筋腹間に陥凹(陥没)があり、強い圧痛の出現と、

断裂端の縮みで腫瘤が形成され、

筋肉の収縮がみられなくなります。

受傷後24時間前後で、

損傷部より末梢において

皮下出血斑(内出血)がみられます。

 

第Ⅲ度損傷では、歩行が困難となります。

「肉離れ」はこのように分類され、

数字が高くなるにつれて、

治療期間と競技復帰にかなりの時間を要します。

 

「肉離れ」の完全断裂は、

スポーツ活動においては、

持続的な外力が加わったことにより、

微細な損傷を繰り返すことで起こりやすくなります。

また、単に筋肉が伸長されて発生するのではなく、

回旋力なども加わることが考えられます。

「肉離れ」の症状の特徴は、

幼少期~子供の発症は少なく、

筋肉と骨格が完成する

高校生以上の人に多く発症します。

20歳以上になると、筋肉の柔軟性の低下により、

瞬発的な筋収縮によって発症しやすくなります。

続いて、症状の中で最も多い、

ハムストリングスの肉離れ

を例に挙げて、

発生の機序や症状、治療を見ていきたいと思います。

発生機序

ハムストリングスが収縮しようとしている状態で、

伸展されたときに発生し、

下腿が振り出されてから地面に着く時や、

接地から蹴り出し動作の際に起こりやすいです。

筋腱移行部に生じやすく、

鋭い、力が抜けるような痛みや、

時には、音が聞こえるような、

突然の衝撃を感じることがあります。

筋の柔軟性だけでなく、

筋疲労や筋損傷の存在、適正なウォーミングアップ不足

などが挙げられます。

症状は

損傷部位の圧痛、

・腫脹、

・皮下出血斑、

・筋硬結や陥凹、

などがみられます。

陥凹部では、

損傷後数時間で血腫が満たして

欠損部が触れにくくなります。

「肉離れ」の治療法は、

重度の損傷では手術の適応になりますが、

基本的には、保存療法とアスレティックリハビリテーション

を行います。

損傷の初期は、重症度に関係なく、

RICE処置の適応となります。

急性症状が落ち着いてきたら、リハビリテーションを開始し、

ストレッチ、筋力強化、筋バランス、そしてハムストリングスの機能回復

などを随時行っていきます。

「肉離れ」もスポーツ障害でよく見られる症状です。

繰り返しの外力で発生するため、

初期の治療とケアがしっかりと必要になってきます。

これからマラソンやランニングなどのスポーツが

活発になってきます。

スポーツ中に怪我をした、どんな治療をしたいいかわからない、

ストレッチなどのコンディショニングなど、

スポーツ障害や怪我でお困りの方は、

是非当院へおこしください^^

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ

スポーツ

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階(舞多聞100年の杜内)

℡ 078-647-8500

 

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院 花田院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。

 

スポーツ障害(野球肘)について

2017年10月28日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります。

垂水坂口鍼灸整骨院です。

皆さん、こんにちは。

本日は辻が担当致します。

今回は、前回の「スポーツ障害とスポーツ外傷の違いについて」

という記事に絡め、

「スポーツ障害」

の記事を書いていこうと思います。

本日は、、、

「野球肘」です。

では早速みていきましょう!!

 

「野球肘」とは、

野球の投球による肘部の障害の総称で、

「上腕内側上顆炎」を

「野球肘」と総称していますが

野球以外にも、

ゴルフやテニス(フォアハンド)などのスポーツで発生する

肘部に起こる、疼痛性運動障害です。

また、成長期(少年期)の過剰な投球動作で発生するので、

「リトルリーガー肘 Little leaguer’s elbow」

「ベースボール肘 Base Ball elbow」

とも別称されています。

好発年齢は10~16歳の男子。

「野球肘」には、分類があり

内側型

外側型

後方型

この3つに分類されます。

肘の内側、外側、後ろ側に起こります。

「野球肘」で最も多いのは、

「内側型」です。

 

「内側型」は、

コッキング期(足の踏込みから腕の振上げ)から

加速期(ボールをリリースする間)にかけて

肘に強い外反力が加わることに対して、

前腕回内屈筋群が強く収縮することと、

内側側副靭帯によって強い牽引によるストレスが

肘の内側にかかり起こります。

多くは、内側上顆部の疼痛と腫脹と圧痛、

 

軽度の肘の伸展障害や投球動作時の疼痛があり、

前腕の屈筋群の付着部である、

内側上顆の裂離骨折や、屈筋群の牽引による損傷や、

内側上顆炎などがみられます。

 

「外側型」は

加速期からフォロースルー期(リリース後)にかけて

強い外反力が肘にかかり、

上腕骨小頭と橈骨頭間に強い圧迫力がかかり発生します。

発生頻度は「内側型」に比べて少ないですが、

強い圧迫力が加えられたことにより、

「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎」を起こします。

この症状により、関節遊離体(関節ねずみ)が生じ、

関節内にロッキングを起こし、

将来的に、変形性関節症に至ることもあります。

 

「後方型」は、

ボールリリース後に、肘関節が過伸展となって、

肘頭(肘の出っ張り)と上腕骨肘頭窩に

衝突(インピンジメント)が発生します。

この衝突が起こったことにより、

成長期では、肘頭部の骨端軟骨の成長障害が、

成人では肘頭の疲労骨折や上腕三頭筋の炎症などが

発生します。

 

「野球肘」の予防と治療法は、

早期に発見することと、過剰な投球にならないように、

練習量や投球動作の見直し、管理することが必要となります。

また、投球だけでなく、バッティングも禁止になります。

特に、成長期の投手に多く発症するため、

将来性を考慮し、長期的な治療も見据えなければなりません。

関節遊離体を有する野球肘では、

手術による摘出の対応となります。

「野球肘」の治療として、

・投球動作を休止して疼痛の消失するまで固定する

・精神的な不安感や焦りやに対する指導や管理

・患肢の筋萎縮と体力低下の予防

・筋の再教育を行う

などがあります。

以上が野球肘についてです。

如何でしたでしょうか?

「野球肘」は早期に治療することと

予防をいかにして行うかが重要になってきます。

固定をして安静にするるだけでなく、

投球フォームの見直しや、

筋肉のトレーニングなど、

一人一人にあった治療やコンディショニングが

必要なのです。

当院では、「野球肘」並びに「スポーツ障害」の

治療とケアにも力を入れています。

「野球肘」で部活ができない、

ケガをしているが、長期離脱をしてくない、

部活のレギュラーから外れたくない、

コンディショニングやスポーツを長く続けたいなど

スポーツで起こったケガや

ケアに7ついて悩みでお困りの方、

是非当院へお越しください。

経験豊富なスタッフが、

あなたにあった施術やアドバイスを

提案させていただきます^^

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

スポーツ

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

スポーツ「障害」と「外傷」って何が違う?

2017年10月23日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、
垂水坂口鍼灸整骨院・鍼灸師の坪井です。

「スポーツ障害とスポーツ外傷の違いについて」
と題してお伝えしていこうと思います。
近年様々なスポーツが盛り上がりをみせており、
スポーツ人口の増加やそれを取り巻く環境が
著しく変化を見せています。

皆さんは、
「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」
の違いをご存知でしょうか??
「障害と外傷って同じじゃないの??」
お思いの方!!!
じつは、違いがあるんです。

はじめにスポーツ障害外傷の違いを説明しますね

スポーツ外傷とは、
プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合
をいいます。
この例として、
転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷
などのケガのことを言います。
即ち、
1回の外力で起こるケガの事
なんですね。
スポーツ障害とは
スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、
痛みを主とした慢性的に症状が続くものをいいます。
軽いものではプレー中やプレー後の痛みで済みますが、
重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまうのです。

「繰り返し」ということは、
練習や試合中に、外力が一度ではなく何度でも関節や筋肉などに
繰り返し負担をかけていった結果、
ケガを起こすこと
なんですね。
「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」は定義それぞれ定義が違うんですね。
では「スポーツ障害」とはどんなものがあるのかみていきましょう。
「スポーツ障害」は以下のものがあります。
・オーバーユース(使い過ぎ)によるケガ
これは、過度に継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもので、
大多数を占めています。
野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝
などがあります。
・オーバーロード(過負荷)によるケガ
くりかえしの頻度は少ないが、物理的ストレスの強い運動でおこり、
重量挙げの選手に見られます。
・クールダウンとウォームアップ不足
ウォームアップとは
軽いランニングやストレッチなどで
体温を高める準備運動のことです。
柔軟体操は関節の動きをスムーズにし、
温まって血行の良くなった筋肉は軟らかくほぐれて
パフォーマンスを高める効果があります。
しかし、ウォームアップをしっかりできていないと
関節や筋肉への負担を和らげる効果が低下し、
怪我をする確率が非常に高くなります。
クールダウンとは、
運動後に行う軽いランニングやストレッチのことです。
運動中は、心臓と筋肉がポンプのように動いて血液を全身へ送っています。
それが突然運動を止めてしまうことで、筋肉がポンプの役割をストップさせるため、
全身に血液を送れなくなり、血流が低下し、
筋肉が硬直し炎症を起こしたりします。
・運動フォーム
フォームが悪い状態で練習を行うと、
体の一部しか使わなかったり、
余計な部位に力が入ってしまいます。

このような状態で練習を繰り返すことで、
筋肉や関節、腱などへの負担が大きくなります。
理想的なフォームを覚えることは
全身の筋肉や関節をバランスよく使えるので、
個性や体型・体格に合わせてよいフォームを
身につけられるよう調整が必要となります。

・成長期
小・中学生の成長期は
骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかず
不安定な状態になりやすいです。
そのため、長くなった骨と、
それに付随する筋肉とが引っ張り合うことで、
その力によって骨の先端の軟骨に炎症がおきたり、
ひどい場合は剥離や裂離を起こすことがあります。
その他にも、練習環境や道具が合わなかったりと
様々な素因が加わり、
「スポーツ障害」を起こすのです。

好発する年齢としては、中高生などの成長期の子供に多く、
部活動やスポーツ活動が活発になってくる時期に多く発生します。
この間に、いかに治療と予防などをしっかりとしていくかが
大切になってきます。
当院では、スポーツ障害やスポーツ外傷の治療も行っております
知識と経験豊富」なスタッフが在籍しておりますので、
長くスポーツを続けたい、けがを治したいという方。
お困りのことがございましたら、是非当院へお越しくださいね^^



【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

スポーツ

垂水坂口鍼灸整骨院HP

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-005

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階(舞多聞100年の杜 内)

℡ 078-647-8500

 

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院 花田院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています.

スポーツでの痛みでお困りだった方の声(捻挫、打撲、肉離れ)

2017年10月2日

こんにちは

神戸市垂水区(舞多聞、小束山、西区)にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院・鍼灸師の坪井です。

今回は、スポーツでの痛みや怪我でお悩みだった

患者様の声をご紹介します。

 

◆患者様の声◆

陸上競技を始めて10年くらいになりますが、しっかり練習して

いい記録を出すためには日ごろのケアが必要と考えていました。

昨年末頃、駅伝練習をしていて腰が落ちたり、ふきらはぎの

鍼が強くなり、整骨院を探していたところ鴨島坂口整骨院に

お世話になるようになりました。

状態を伝えると細かく丁寧に診て治療してくださいました。

また、担当の先生自ら学んでセルフケアやストレッチを教えてくださり

コンディションを整えることができるようになりとても感謝しています。

これからもいい結果が出せるようにサポートしていただきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(スタッフからの返信)

スポーツのパフォーマンスは姿勢も大きく関与してきます。

初めに比べると姿勢もどんどん良くなり、今では本当にきれいな姿勢になりました。

今後も楽トレ(インナーのトレーニング)や、MPF(筋肉の調整とケア)を

今後もさせて頂きます。

2020年オリンピックに出場している姿を楽しみにしています。

 

◆患者様の声◆

滑膜ひだ障害(タナ障害)が原因の右ひざの痛みで通院し始めました。

鍼灸とマッサージの治療で痛みを和らげてもらっています。

治療のおかげで痛みも出にくくなり膝を気にせず

プレーすることができるようにまりました。

あと1か月頑張ります。

 

◆患者様の声◆

僕は中学1年生です。

オスグットになり膝を曲げるのが痛くすごくきつかったです。

この整骨院へ来て、1週間で痛みが取れました。

その後肘、腰、太ももが痛くなりましたが、もうほとんど痛みがなくなりました。

この整骨院へ来て良かったです。

先生たちにはすごくお世話になったと思います。

これからも痛みに悩まされたときは宜しくお願いします。

ほかのところと違って優しい人たちがいっぱいでとてもうれしかったです。

これからも部活が続くのでけがをしたらまた治してもらえるという

安心感を背負って頑張りたいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<スタッフから返信>

ありがとうございます。

スポーツは予防が本当に重要となってきます。

部活前の動的ストレッチ、部活後の静的ストレッチ、日々のケア

日々怠らずにお願いいたします。

もしケガ(スポーツ外傷(オスグット・肉離れ・捻挫・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝等))

などで困った際は当院へご相談ください。

 

◆患者様の声◆

左モモ裏の肉離れの治療で鴨島坂口鍼灸整骨院に通いました。

初めてここに来ましたが、ネットの情報や口コミ通り

先生方が親身になって施術にあたってくださいました。

夜8時から予約を入れてもらっているので、部活動の練習がある日でも

通院しやすかったです。

鍼灸での治療やマッサージ、更にはテーピングまで巻いていただきました。

お陰で通常より早く回復しました。

大好きな野球を思い切り楽しめそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<スタッフから返信>

早く部活に復帰したい。

という気持ちは本当にわかります。

しかし治療家として今の状態ではさせたくない。

という気持ちも同時に涌いてきます。

ベストな提案をし、理解いただき、最高の施術をさせていただくことが

重要と考えております。

お体での痛み不調(歪み・自律神経の乱れ)でお困りの方、是非当院へご相談ください。

 

◆患者様の声◆

オスグットを治すためにここに来ました。

SSRや鍼など全然したことのない本格的なものもいっぱいありました。

お陰様で無事に痛みも引いてきてもうほぼ痛みがない状態です。

これからも部活などを頑張っていきたいです。

ありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<スタッフから返信>

スポーツ・部活を楽しみたいという学生さんは多くおられます。

しかしそんな時に多く発症するのがオスグットです。

満足にプレーができない、ベストパフォーマンスができない。

など悩まれている学生の方々が多いように思います。

当院では、そんなスポーツ疾患に対して効果の高い治療を

提供させていただいております。

スポーツでの痛みでお困りの方は是非ご相談ください。

 

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】

スポーツ外傷ページ

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階(舞多聞100年の杜内)

℡ 078-647-8500

 

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院 花田院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

パラリンピック女子 陸上トラック競技 強化選手(20代女性)の患者様の声

2017年09月27日

 

こんにちは。柔道整復師の笹木です!

神戸市垂水区(舞多聞、小束山、西区)にあります、垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、坂口鍼灸整骨院グループに通われている

パラリンピック強化選手である方の声をご紹介します。

 

◆患者様の声◆

 

陸上競技を始めて10年くらいになりますが、しっかり練習して

いい記録を出すためには日ごろのケアが必要と考えていました。

昨年末頃、駅伝練習をしていて腰が落ちたり、ふきらはぎの

鍼が強くなり、整骨院を探していたところ鴨島坂口整骨院に

お世話になるようになりました。

状態を伝えると細かく丁寧に診て治療してくださいました。

また、担当の先生自ら学んでセルフケアやストレッチを教えてくださり

コンディションを整えることができるようになりとても感謝しています。

これからもいい結果が出せるようにサポートしていただきたいと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(スタッフからの返信)

スポーツのパフォーマンスは姿勢も大きく関与してきます。

初めに比べると姿勢もどんどん良くなり、今では本当にきれいな姿勢になりました。

今後も楽トレ(インナーのトレーニング)や、MPF(筋肉の調整とケア)を

今後もさせて頂きます。

2020年オリンピックに出場している姿を楽しみにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

スポーツ外傷ページ>

 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階(舞多聞100年の杜 内)

℡ 078-647-8500

 

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

●姫路坂口鍼灸整骨院 花田院・整体院

●丸亀坂口鍼灸整骨院・整体院

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています