腸脛靱帯炎について(神戸市垂水区舞多聞、小束山にある垂水坂口鍼灸整骨院)

2017年11月28日

こんにちは。

 

本日は、ランナーに多い膝周りの症状でおこる

 

腸脛靭帯炎についてお話していきます。

 

 

腸脛靱帯炎は、膝の外側に痛みがでる症状ですが、

 

走った時・走った後に痛みが出たり、

 

ある一定の距離まで走ると痛みが出る方もいます。

 

また、痛みが出ても休むとある程度良くなって、

 

走り始めるとまた痛くなることを

 

繰り返す症状でもあります。

 

 

 

 

主因はオーバーユースです。

 

過剰なランニング時間と距離、

 

柔軟性不足(ウォームアップ不足)、

 

休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、

 

下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因

 

があります。

 

 

腸脛靱帯が膝部外側で摩擦し、

 

疼痛〈とうつう〉が発生する腸脛靱帯炎。

 

腸脛靭帯が擦れてしまうのは、

 

大腿筋膜張筋の硬さが原因です。

 

 

腸脛靭帯と大腿筋膜張筋は繋がっているため、

 

大腿筋膜張筋が緩んでいれば腸脛靭帯も緩み、

 

腸脛靭帯は骨と擦れにくくなります。

 

しかし、大腿筋膜張筋が硬くなっていると

 

腸脛靭帯もピンと張ってしまうため、

 

腸脛靭帯は太ももの骨と

 

擦れやすくなってしまいます。

 

摩擦が繰り返しおこるため

 

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在します。

 

 

この腸脛靱帯を張らせている原因の筋肉の硬さを

 

解消することができれば、

 

痛みは改善されていきます。

 

 

 

ケアとしては、

 

第1に局所の安静、

 

つまり、ランニングの休止が重要です。

 

 

次に、大腿筋膜張筋など股関節外側部を

 

主としたストレッチも有効です。

 

 

気をつけたいのが、

 

膝関節外側部での疼痛を主症状とする、

 

外側半月板損傷との鑑別が必要となります。

 

 

他に膝関節外側に負担がかかる要因には

  • 走り過ぎ、使い過ぎ
  • O脚
  • 外側重心
  • ランニングフォーム

などが挙げられます。

 

 

なにより重要なのが「姿勢の改善」です。

 

姿勢の改善が重要かというと、

 

姿勢が崩れていると太ももに負担がかかるからです。

 

 

特に「骨盤が後傾」していたり、

 

「猫背」になると後ろ重心になり、

 

太ももに負担がかかりやすくなります。

 

 

腸脛靭帯炎になる方をみると、

 

姿勢に一つ特徴がみられます。

それは、

 

背中が丸まっている方に多いということです。

 

少し難しい話になりますが、

 

背中が丸まっていると骨盤も丸まってしまいます。

これを、専門的には「骨盤後傾」と言います。

骨盤後傾位になることで、

 

重心は後方に傾きます。

 

このままでは、

 

後ろに倒れてしまうので太ももの前・外側が

 

頑張ることで身体を支えようとします。

 

このように、姿勢を安定させるために

 

優位に使う筋肉(よく使う筋肉)が

 

大腿筋膜張筋になるため、

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

例えば、背中を丸めた状態で歩いてみて下さい。

太ももの外側がとても張ってきませんか?

それが、大腿筋膜張筋に

 

負担がかかっていることになります。

 

そのままスポーツや生活をしていたら

 

腸脛靭帯炎になりやすくなります。

 

 

その結果、姿勢が崩れているだけで

 

腸脛靭帯炎にもなりやすくなる。

 

 

他にもなりやすい要因として、

 

大腿筋膜張筋は、

 

体が横に動揺した際などに

 

体を安定させようとする役割があります。

大腿筋膜張筋以外にも、

 

中殿筋というお尻の筋肉や体幹のコアで

 

身体を安定させています。

 

しかし、中殿筋などの筋力が低下すると

 

身体を安定させるために大腿筋膜張筋が

 

過剰に働かなければいけないため

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

 

歩行やランニングのフォームが悪いと

 

大腿筋膜張筋に負担がかかります。

腸脛靭帯炎になる方の特徴として、

 

ニーアウト・トゥーインと言われる

 

膝が外に逃げるようなフォームになっていると

 

大腿筋膜張筋に大きな負担がかかります。

 

 

痛みがあると、マッサージをしたり、

 

ストレッチをして痛みを改善していきます。

たしかに筋肉を緩めることは大切ですが、

 

筋肉が硬くなってしまう原因も同時に

 

取り除いていかないと腸脛靭帯炎の改善は難しいです。

 

なぜなら、緩めても悪いフォームで歩いていたり、

 

スポーツをしているとすぐに大腿筋膜張筋に

 

大きな負担がかかり硬くなってしまうからです

 

 

早期に腸脛靭帯炎を治したい場合は

 

垂水坂口鍼灸整骨院へお越しください。

 

 

経験と知識が豊富なスタッフが

 

治療とアドバイスさせていただきます。

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

事故ページ 

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

むくみについて(神戸市垂水区舞多聞、小束山にある垂水坂口鍼灸整骨院)

2017年11月15日

こんにちは。

 

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、垂水坂口鍼灸整骨院です。

 

 

今回は、「むくみ」についてお話しします。

 

<むくみとは>

 

人の体は約6割が水分でできています。

 

むくみは、

 

血液中の水分(血漿)が必要以上に血管の外へ浸み出し、

 

皮膚と皮下組織に溜まる状態のことを言います。

 

 

むくみの種類として

・全身性のむくみ

・局所性のむくみ

 

上記があります。

 

 

一般的に、

 

全身性のむくみは、心臓や腎臓、肝臓などの内科的な疾患が原因となり、

 

足など体の一部に症状が出る局所性のむくみは、

 

静脈やリンパ管の閉塞や炎症などの循環障害が関係してきます。

 

 

<むくみの原因>

 

主な原因として、

・睡眠不足や疲れ

・運動不足

・立ち仕事やデスクワークなど長時間同じ姿勢を続ける

・水分不足

・塩分の過剰摂取

・アルコール

・月経や妊娠

・薬剤の副作用(非ステロイド性抗炎症薬や血管拡張性降圧薬など)

 

上記が上げられます。

 

 

むくみが起きやすい体の場所として、一番多いのは「足」です。

 

これは、

 

心臓から送り出された血液は全身を回り心臓へ戻りますが

 

心臓から遠い位置にある足は重力の影響を受けるため、

 

血管から血液中の水分(血漿)が浸み出しやすく、

 

逆に血管内に水分が戻りにくくなるからです。

 

 

また、むくみの症状が女性で多く見られる理由として、

 

足の静脈の血液は、足を動かすことで生まれる筋ポンプの作用によってスムーズに心臓へ戻りますが、

 

女性は筋肉量が少ないため筋ポンプ作用がうまく働かず、

 

静脈の血行が悪くなってしまうからです。

 

他にも、生理や妊娠、更年期にはホルモンバランスの変化により

 

自律神経が乱ることでむくみが起きやすくなります。

 

 

むくみの多くは「生活習慣」による一過性のものであり、

 

特に心配するものではありません。

 

 

しかし、中には病気が原因のものがあるため、

 

下記の症状がみられる場合は一度病院を受診しましょう。

 

・足を指で圧迫した際に、指の跡がはっきりとくぼんで見える

・突然ひどいむくみがでてきた(靴やベルトがきつくなった)

・1日の間で数キロの体重変化がある

・尿の出が悪い、夜中にトイレに立つ回数が増えた、血尿がでる

・横になると咳が出たり、息が苦しい(呼吸困難)

・口唇やまぶたが腫れる(顔のむくみ)

 

 

むくみの症状がでる代表的な病気として、

 

・内分泌性浮腫:甲状腺機能低下症

・肝性浮腫:肝硬変、門脈圧亢進症

・腎性浮腫:急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全

・心原性浮腫:心不全

 

などがあります。

 

 

<むくみの解消と予防>

 

むくみは生活習慣が大きく関わっているため、

 

・長時間の立位や座位を避ける

・お風呂にゆっくりつかる

・体を冷やさない

・水分をしっかりとる

・ビタミン、ミネラル、タンパク質をとる

・塩分やアルコールの過剰摂取を控える

・トイレを我慢しない

 

上記のようなことを意識しましょう。

 

 

・ウォーキングや軽いジョギングなどの運動

・つま先立ち、つま先上げといった筋力トレーニング、

・全身のストレッチ(特に下半身)

 

これらを行うことで筋肉を動かし血流を良くすることも重要です。

 

 

他にも、下腿の内側、骨の際にはむくみに効くツボが多くあるので、

 

「痛気持ちい」感覚でツボ押しやマッサージすることも効果的です。

 

特に、

 

内くるぶしから膝に向かって指4本分のところにある「三陰交」というツボは

 

月経による症状や冷えなどにも効果があるので是非試してみてください。

 

 

運動が苦手、長く続かない

 

どうしたら良いかわからない

 

そんな方は是非、「垂水坂口鍼灸整骨院」へお越しください。

 

 

当院では、

 

血行改善や代謝促進に重要なインナーマッスルを鍛える「楽トレ」や

 

足のだるさや冷え、むくみを改善させる「ソックス」など

 

様々な治療やホームケアから

 

あなたに合った最善のものをご提案します。

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

事故ページ 

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています