4月20日(金)~4月27日(金) 500円体験会実施

2018年04月17日

 

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞(コストコ神戸倉庫店近く)にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院、院長の坪井です。

この度、日頃の感謝を込めて500円施術体験を実施します。

 

今後はもっともっと垂水地域の方が健康維持してもらえるように

サポートさせていただきたいと思っております。

そこで当院のことを知ってもらうためにも

整骨院ってどんなところだろう?

整骨院って何をしてくれるところだろう?

とおっもわれる方も多いかと思いますので

知っていただく機会になるかと思います。

 

【日頃の感謝を込めて 500円施術体験会】

4月20日(金)、22日(日)~27日(金)に開催!!

通常5400円の根本改善を目指す「骨格矯正×猫背矯正×深層筋調整」

が500円で体験いただけます。

・肩こり :デスクワーク、子育てで肩が凝っている方

・腰痛 :仕事、育児、スポーツなどで痛めた、何年も前からの腰痛がある方

・手足のしびれ :けがや突然のしびれがある方

・頭痛 :何回も起きる頭痛、何年も付き合っている痛みがある方

・関節痛 :階段の上り下り、腕や肩、膝の曲げ伸ばしでの痛みがある方

・体のゆがみ、プロポーション:姿勢が悪い、以前から猫背が気になる方

などでお困りの方、是非この機会にご体験ください。

◆お申し込みはこちらから◆

TEL:078-647-8500 

繋がらない場合はこちら(TEL:070-5515-7597)

詳細はコチラ OPEN記念500円記念体験会 情報

  
    

<概要>

●OPEN記念500円記念体験会開催!

●開催日程 

 

4月20日(金)、22日(日)~27日(金)に開催!!

TEL:078-647-8500 

繋がらない場合はこちら(TEL:070-5515-7597)

●詳細 OPEN記念500円記念体験会 情報

垂水坂口鍼灸整骨院公式ホームページ

住所:神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地 メディカルセンター北棟1階

(コストコホールセール神戸倉庫店さん 南へ徒歩3分)

五十肩に似た運動や転倒でもおこる「肩関節唇損傷」とは・・・?(神戸市垂水区、西区、小束山、舞子)

2018年01月30日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります

垂水坂口鍼灸整骨院です。

五十肩?? 五十肩と似ている肩の疾患

「肩関節唇損傷」についてお話していきます。

肩関節は、上腕骨と肩甲骨で構成される関節であり、

丸い上腕骨頭とお皿のような

肩甲骨の関節窩により構成されています。

イメージとしてけん玉のように

上腕骨の丸い骨頭(ボール)が、

関節窩と呼ばれる肩甲骨のくぼみ(ソケット)に

乗っかっているような感じです。

(ゴルフボールとティーにたとえられることもあります) 

その周囲の筋肉や腱が関節を支えることにより、

不安定な肩関節というボールと

ソケットの構造は安定性を保っています。

関節唇(かんせつしん)は、

肩の受け皿の骨(肩甲骨関節窩)の輪郭を

土手のように覆っている線維性の組織で、

その部位によって、上方関節唇、前方関節唇、

後方関節唇、下方関節唇に分けられます。

関節唇は肩関節が前後、

上下にぶれないように支える働きをしており、

通常骨にしっかりと付着していますが、

肩を使いすぎたり、肩にけがをして

はがれることがあります。これが関節唇断裂です。

野球ではボールを投げすぎたり、

ダイビングキャッチで肩を打撲したり、

スライディングで肩をねじったり、

テニスやバレーボールなどのスポーツをして

関節唇を傷めます。

はがれる部位は肩の上方、前方、後方と

様々ですが、野球肩では

上方の関節唇がはがれることが多いです。

肩の問題と言うよりは、

むしろ肩甲帯や胸郭、体幹、股関節などに

問題がある場合が殆どで、

肩に負担のかからないフォームが

遂行できるような体作りからはじめます。

上方の関節唇がはがれると肩の前後方向と

下方のぶれが大きくなり、

投球時に肩の痛みや肩が抜ける感じや

ひっかかり感があります。

前方関節唇は、肩が脱臼・亜脱臼した時に断裂し、

強い前方不安定性が残ります。

単純レントゲンではわからないが

MRI関節造影により診断される。

しかし、上方関節唇断裂の診断はなかなか難しく、

最終的には肩に内視鏡を入れて

初めて診断される場合も少なくありません。

肩関節は肩甲骨のサポートなしに動かすことができない。

肩関節を動かす時には肩甲骨も

一緒に動くことでスムーズな肩の動きがとれる。

肩甲骨のサポートが追い付かない程の大きな

負担が肩関節にかかることで

肩関節のインナーマッスルや関節唇を

痛めてしまうことになります。

肩甲骨の動きが良くなかったり、

はるかに超える可動域が必要になった際に

関節唇が引っ張られて変形や損傷をしてしまう。

転倒やタックルなどの外部衝撃でも

関節唇を痛めることもあります。

基本は肩甲骨とのつながりがうまくいっていないときに

起こります。

肩甲骨まわりの筋肉が必ず緊張してしまう原因に

日常生活の姿勢がかかわってきます。

運動でもデスクワーク、

立姿勢でも骨盤から背骨の問題が重症となってきます。

垂水坂口鍼灸整骨院では、

視診触診動診だけでなく、

インナーマッスルの検査までおこなうので

目では測れない診断も行うことができます。

肩の問題では肩や肩甲骨に負担のかからない

骨格骨盤矯正ができる治療を行っています。

もし、お悩みがありましたら

是非、垂水坂口鍼灸整骨院にご来院ください。

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

事故ページ 

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

スポーツ外傷

 

 

長期間続く五十肩について(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、西区、舞子)

2018年01月23日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

「五十肩」について

「五十肩」とは、

肩の痛みと運動制限をきたす疾患です。

「五十肩」=肩関節周囲炎という

疾患群のことで、

原因のあきらかな疾患は

五十肩に含めないです。

肩に疼痛(痛み)と運動障害があり、

明らかな原因がなどのを

五十肩と呼んでいます。

凍結肩ともいいます。

五十代に多い疾患なので、五十肩ですが、

二十代以降の年代にはみられる疾患です。

症状は、肩関節付近に鈍痛がおこり、

腕が上がらなくなったり、

手が後ろに回らなくなったりしたりと、

腕の可動範囲の制限が起こります。

時間とともに痛みは鋭くなり、

急に腕を動かすときなどに激痛が走るようになる。

痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、

後ろへはほとんど動かせないなどの

運動障害や制限が起こる。

日常生活レベルにも支障をきたすようになり、

重症化すると、髪を洗う、髪をとかす、歯を磨く、

炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、

洋服を着たり脱ぐ、寝返りをするなどが不自由となり、

日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。

軽症で済むか重症化するは

身体と歪みと関わることがおおい。

痛みは片の肩だけの場合と、

片側の肩が発症してしばらく経つと

もう片側の肩にも発症してしまう場合とがある。

片側の肩が発症してしまうと

もう一方も発症する確率が高く、

これを防止することは骨格や背骨との関連がある。

両方の肩が同時に

痛くなることはまずありません。

また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、

腕全体にだるさや痺れがあることもある。

常に腕をさすっていないと

我慢できない、患者様もいます。

初期の症状が始まってから症状のピークを

迎えるまで数ヶ月を要し、

ピークは数週間続き

次第に和らいでくることが多い。

痛みのレベルにもよるが、

鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、

さらにスポーツなどで物を

投げられるようになるまでには

1年前後かかるといわれています。

身体の中では、

腱とその周囲が

炎症のなごりで癒着を起こし、

滑りが悪くなるので、

関節の動きが悪くなります。

徐々に癒着が軽くなり、

動きが正常な状態に戻るまでには、

半年から1年もの時間がかかるのが

通常とされています。

腕の可動範囲を発症前の

状態までに戻せるかどうかは、

痛みが緩和した後の治療次第だが、

多くの場合発症前の

状態には戻りにくいといわれます。

(1)初期の痛み:肩の違和感がとれない。

(2)進行期の痛み:夜間痛。

(3)拘縮期:痛みとともに、肩が動かなくなってきます。

 (エプロンがつけられない、

  下着がとめられない、などの結滞動作)

(4)拘縮期末期:痛みはかなり

  治ってきたけれど、硬くて動かない。

(5)回復期

 

五十肩と似た症状として、

腱板損傷

何らかの原因で腱板が破損した状態。

原因としては転倒や打撲、

スポーツ外傷などにより発生する場合と、

加齢的変化(老化現象)に肩の使い過ぎが加わり、

発生する場合とがあります。

肩峰下滑液包炎

肩峰下滑液包が炎症を起こす病気。

五十肩の前段階とも考えられますが、

原則として腕がひと通りに動くので、

運動制限がある五十肩とは区別されます。

五十肩症状を改善したい方は、

進行期でも、慢性期でも

是非、根本治療ができる

垂水坂口鍼灸整骨院にご来院ください。

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

事故ページ 

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています

五十肩について(神戸市垂水区舞多聞、小束山にある垂水坂口鍼灸整骨院)

2017年10月31日

こんにちは。

 

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります「垂水坂口鍼灸整骨院」です。

 

 

本日は、「五十肩」について、

 

お話していきます。

 

 

40代-50代で、肩を動かすときに痛みや

 

じっとしていても肩が痛い、

 

肩が痛くて眠れない、

 

以前動かせたように動かせない、

 

といった症状が五十肩(四十肩)といわれます。

 

 

 

臨床では、

 

五十肩(四十肩)ではないケースも

 

多くくくられています。

 

 

五十肩(四十肩)とは

 

「骨自体でなく

 

関節包や肩関節の周りの筋肉に

 

原因があるもの」を

 

五十肩(四十肩)といいます

 

 

専門用語では

 

「五十肩(=凍結肩=癒着性関節包炎)とは

 

関節包の肥厚・短縮・硬化を主病態とし、

 

肩痛・可動域制限を主訴とする疾患」と

 

いわれています。

 

 

中高年に限定すれば10人に2人が

 

何かしらの肩痛があると言われており、

 

痛みを我慢すれば

 

腕を動かすことはできるような肩の痛みもあれば、

 

腕がまったく動かせない肩痛もあります。

 

 

よくいわれる肩凝りによる痛み、

 

これは筋肉の痛みなのですが、

 

五十肩と同じではありません。

 

同じ部位の痛みという共通点があるため

 

一緒にされがちですが、

 

肩凝りと五十肩は違います。

 

 

医療機関では、X線、MRI、超音波などを

 

使った検査を行います。

 

 

検査の評価では、「腱版断裂、腱板炎、

 

石灰性腱炎、上腕二頭筋長頭腱炎」といった

 

明らかな疾患がない場合、

 

まとめて五十肩と診断されます。

 

五十肩は加齢による筋肉や関節の変性と

 

血液循環の悪化が主な原因でされており、

 

20代・30代でも発症します。

 

若年層の首や肩への負担は

 

スマートフォン・パソコンなどの

 

普及により増大しています。

 

ストレートネック・巻き肩はとくに10代にも広がっており

 

骨盤や、姿勢の影響もあります。

 

 

 

 

関節は老化が全てでなく、

 

五十肩は完治するもの、

 

と思って頂ければです。

 

 

五十肩は、3つの病期にわかれます。

 

急性期・拘縮期・回復期

 

 

自然と痛みが

 

治まってきたとのは回復期です。

 

五十肩を治すためには、

 

この3つの病期に対して

 

適切な治療を行う必要があります。

 

3つに分類にはなっていますが、

 

実際は、急性期→拘縮期、

 

拘縮期→回復期への移行時期も

 

存在します。

 

 

痛みが治まることは、五十肩が治ったと

 

いわれることもありますが、

 

治ったわけではないです。

 

この痛みに対して時間が経つのを待ち

 

温存療法というのは、

 

五十肩・四十肩治療とはいえません。

 

 

人は痛みがあると無意識にかばいます。

 

四十肩・五十肩の場合、

 

その痛みをかばうために

 

長い期間にわたり肩関節を

 

動かさなったり、動く範囲が狭い状態が続くことで、

 

関節が固まってしまいます。

 

 

これを専門用語で関節拘縮と

 

筋硬縮といいます。

 

関節拘縮は

 

「関節包の癒着が生じてしまう」状態であります。

 

 

 

治療方法ですが、

 

垂水坂口鍼灸整骨院では、

 

ハイボルト療法と、鍼灸、

 

当院独自の特別な治療法である「MPF療法」

 

を行ないます。

 

問診や検査をさせて頂き

 

急性期・拘縮期・回復期

 

から適切な治療をおこなっていきます。

 

 

五十肩になってしまう姿勢としては、

 

猫背、骨盤の歪み、頭前方にでている、

 

胸椎の後彎、インナーの弱化、

 

頚部のストレートネックなどがあります。

 

 

どこに行けばお困りの方、是非当院「垂水坂口鍼灸整骨院」へ治療にお越しください。 

 

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

 

事故ページ 

垂水坂口鍼灸整骨院HP

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています