腰痛を引き起こす腰椎分離症とは??(神戸市垂水区舞多聞、小束山、舞子、名谷、西区)

2017年12月28日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今年も残りわずか。

年末の大掃除に追われている方も

多いのではないでしょうか?

頑張りすぎて、重いものを持って腰痛が・・・

このような方もいるかと思います。

そんな腰痛ですが、

「特定の原因が明らかでないもの」と

「原因が明らかなもの」が

あることを知っていましたか?

そこで今回は、

明らかな原因の中の1つである

「腰椎分離症」についてお話しします。

腰椎分離症とは

腰椎分離症とは、

腰椎後方の関節突起間部

(上関節突起と下関節突起の間)で

腰部の前屈、後屈、回旋が繰り返し

加わることで腰椎の疲労骨折が起き、

疲労骨折部の骨癒合が得られずに

偽関節となって離れた状態を

腰椎分離症といいます。

よく起きる場所としては、

腰椎第5番目に発症しやすく、

両側性の場合も多く見られます。

年齢としては、13〜14歳の

ジュニア期をピークに、

男子の発症が圧倒的に多いです。

<腰椎分離症の原因>

腰椎分離症の原因として、

先天的要因と後天的要因があります。

まず先天的要因では、遺伝により腰椎が弱く、

発生的に腰椎が分離しています。

後天的要因では、腰部の過労による

関節突起間部の疲労骨折があり、

発育期のオーバートレーニング

によるものが多いです。

また、両側の分離症の場合、

将来的に腰椎すべり症へ移行しやすいです。

<腰椎分離症を発症しやすいスポーツ>

好発するスポーツとして、

・野球

・バレーボール

・バスケットボール

・サッカー

・柔道

・ラグビー

・ウエイトリフティング

などがあります。

頻回のジャンプや体幹の

前屈(前かがみ)、後屈(腰を反らす)、回旋(腰を捻じる)

を行うものに多く見られます。

また、これらのスポーツは腰椎分離症以外の

腰痛を引き起こす疾患も起こりやすいです。

<腰椎分離症の原因>

腰椎分離症の多くは身体が

柔らかい中学生頃に、

頻回のジャンプや腰部の回旋を行うことによって

腰椎の後方部分に亀裂が入り起こります。

ケガのように1回で起こるものでなく、

繰り返しの動作などで起こります。

<腰椎分離症の症状>

腰椎分離症の主な症状として、

腰痛、臀部の痛み、

大腿外側(太ももの外側)に鈍い痛みがあり、

片側性または両側性に起きます。

一般的にはマヒなどを

伴うことはありませんが、

ときに神経根が圧迫され、

坐骨神経症状を発現することもあり

腰椎椎間板ヘルニアに

類似した症状がみられます。

症状は、長時間の運動や

長時間の立位、座位、中腰の姿勢などで

起こりやすいです。

特に、運動時の腰部の後屈や回旋時に

痛みが増強するのが特徴的です。

<腰椎分離症の診断>

まず腰椎分離症は、

腰椎の疲労骨折の進展過程により

「初期」「進行期」「終末期」の

3つに分けられます。

分離の初期や進行期の段階では

レントゲンでの判別が難しく、

CT検査やMRI検査による精密検査

が必要になります。

終末期にまでなるとレントゲンで判別ができ、

特に、45度斜位像にて

特徴的な画像である

「テリアの首輪」がみられます。

鑑別しなければならないものとして

腰椎椎間板ヘルニアがあります。

<腰椎分離症の治療>

一般的には保存療法が

第一選択になります。

主な保存療法として、

・物理療法(ホットパック、低周波、干渉波など)

・コルセット

・薬物療法(痛み止めなど)

・ストレッチ

・筋力トレーニング

上記などがあります。

本来、腰椎分離症は長期の安静が必要ですが、

活動が活発な10代やスポーツ選手で

発症するため周りの理解が得られなかったり、

安直な考えから活動を継続し悪化したり、

症状の再発を繰り返してしまいます。

そのため、疾患に対する十分な

理解を本人をはじめ周りの人も持つことが

状態改善には重要になります。

垂水坂口鍼灸整骨院では、

固まった筋肉をほぐす施術はもちろん

生活や運動の指導、アドバイスも行っています。

腰痛で思うように運動ができない

大事な大会や試合があり絶対に出たい

そんな方は一度、

垂水坂口鍼灸整骨院へご相談ください。

 <垂水坂口鍼灸整骨院 ホームページ> 

腰痛腰椎分離症

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

 

交通事故・むち打ちからも起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」とは??(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、名谷、西区、舞子)

2017年12月26日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、交通事故で多くあるむち打ちからも

起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」

についてお話しします。

頚椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、

体内のある臓器が本来あるべき位置から

脱出してしまった状態を指します。

有名なところでは、

・臍ヘルニア〈でべそ〉、

・鼠径ヘルニア〈脱腸)

があります。

これが背骨のクッションである

椎間板におこったものを

椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中に存在する髄核という

ゲル状の組織が、

外に飛び出してしまった状態です。

次に頚椎についてですが、

頚椎は全部で7つあり、

上から順に第一頚椎、第二頚椎と

名付けられます。

各頚椎間には椎間板と

呼ばれる組織があります。

この椎間板は上下の頚椎を連結しており、

ある程度の弾力がありますが、

この椎間板の組織がこわれて

脊髄や神経根が急激に

圧迫されるようことがあります。

これが、頚椎椎間板ヘルニアと

呼ばれるものです。

飛び出したヘルニアが

神経を圧迫することで

様々な症状を引き起こします。

交通事故よる外力、加齢による変性、

姿勢不良、激しい運動などによる負担が

椎間板にかかることで発症します。

一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや

放散痛が生じるタイプで、

「しびれ」を生ずる場合と、

軽度の場合、首の痛み、肩こり、

軽い手のしびれなどを訴えます。

徐々に首を反らす動きが

制限されるようになり、

腕や手に痛みが走るようになります。

重症化してくると手や

腕の感覚が無くなったり、

握力を始め筋力が低下してきます。

手先を使う作業が上手くできなくなり、

場合によっては下半身にも症状が出現します。

重症例では早期の治療が非常に重要です

両手の「しびれ」がみられたり、

両手を使って行う細かい動作

・箸を使う動作

・ボタンをかける動作

・ページをめくる動作

など巧緻運動が

徐々に出来にくくなったり、

両足が足先から段々としびれてきたり、

歩行がなんとなく

不自由になるなどの症状です。

頚椎カラーは有用なこともありますが、

この装具を長期間使用していると

頚部の筋肉が萎縮してしまい、

かえって長期にわたる

頚部痛が残ることもありますので、

漫然とした使用は避けるべきです

頚椎椎間板ヘルニアの原因

交通事故によるむち打ちによっておこる他に、

はっきりした原因は

分からないことが多いですが、

加齢による椎間板の変形

によって飛び出すことや、

猫背などの姿勢の悪さ、

スポーツが原因で発症することもあるので

若い人も注意が必要です。

特に30~50代に多く見られる病気です。

また、頚椎の脱臼など外傷が

起因するものもあります。

治療法としてきをつけたいのが、

牽引です。

牽引をすべて否定するものではありませんが、

日本の頚椎専門の医師の中では

「頚椎牽引は無効である」。

と言い切られる医師もおられます。

垂水坂口鍼灸整骨院では、

頚椎椎間板ヘルニアに骨盤の

歪みや姿勢からくる

根本治療が必要なもののひとつと

考えています。

それは、骨盤は背骨の土台であり、

特に座っている時に骨盤が傾いてしまうと

上半身も同じ方に傾いてしまいます。

そういったなるべくして

なってしまった症状を

根本から治療していきます。

 

そして、

垂水坂口鍼灸整骨院は

むち打ち治療協会認定院です。

もし交通事故でお困りのことが

ございましたら、一度ご相談ください!!

【 坂口鍼灸整骨院グループ

 ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

垂水坂口鍼灸整骨院> 

交通事故・むち打ち

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

三叉神経痛について(しびれ、神経痛、神戸市垂水区舞多聞、小束山、舞子、名谷、西区)

2017年12月18日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります

垂水坂口鍼灸整骨院です。

三叉神経痛(特発性三叉神経痛)

<三叉神経痛とは>

まず「三叉神経」とは、

頭と顔面を支配する、

脳神経の中で一番太い神経です。

顔面の感覚(痛覚、触覚、温冷覚)を支配し、

脳から出て「目」「上顎」「下顎」の

3つに分かれまます。

そのため「三叉」神経と呼ばれます。

三叉神経痛とは、

顔面におこる神経痛のことで、

顔面に

「突き刺すような」

「電気が走るような」

激痛が現れます。

血管などが三叉神経を

圧迫することでおこるとされ、

歯磨きや洗顔、喫煙などの動作が

引き金となり痛みが生じるといわれます。

痛みの特徴として、

痛みが数秒続いた後、一時的におさまり、

その後何度か繰り返され、

通常は数分以内におさまります。

年代としては、40代以降に多く、

年齢とともに増加します。

性差では、男性に比べ女性は

2倍の頻度で発症する傾向にあります。

<三叉神経痛の原因>

三叉神経痛を起こす原因の多くは

血管による神経の圧迫です。→約90%

三叉神経の始まりである

脳幹から出てすぐのところで、

血管が神経を強く圧迫し、

血管が拍動することで神経に

強い刺激が加わり痛みを引き起こします。

血管による圧迫以外には、

腫瘍(類上皮腫や神経鞘種、骨膜腫など)

による圧迫→約8% や

脳動静脈奇形による影響→約0.5%

が原因としてあります。

<三叉神経痛の症状>

三叉神経痛の痛みには特徴があり、

まず痛みは非常に強いが突発的で、

一瞬の走るような痛みです。

数秒のものがほとんどで、

長くても数十秒です。

それ以上の5分、10分と続く痛みや

ジリジリとした痛みは

三叉神経痛ではないことがほとんどです。

痛みを誘発する動作としては、

歯磨きや洗顔、お化粧、

ひげそりなどがあります。

他にも、食べたり噛む動作や

冷たい水を飲む際に痛みが走ることもあります。

触ると痛みが誘発されるポイントがあり、

鼻の横などを触り、顔面にビッと

痛みが走る場合は三叉神経痛の可能性が高いです。

また、季節によって痛みが

変動することも特徴の一つで、

11月や2月に症状がひどくなる方が多いです。

<三叉神経痛の診断>

三叉神経痛の診断には、

痛みの症状や病気の経過を

詳しく聞き取ることが最も重要になります。

しかし、痛みが典型的でない場合や

患者様の症状の訴えがはっきりしない場合は、

MRI検査やCTスキャンでの

画像診断や特効薬を試しに

服用するなどの方法が行われます。

診断する上で

三叉神経痛と区別しなければならないものとして、

・帯状疱疹後三叉神経痛

→帯状疱疹はウイルスが起こす皮膚の病気で、

症状は、水ぼうそうのような小さな

水ぶくれがいくつもできた後、

かさぶたになるのが特徴です。

帯状疱疹ウイルスは神経にひそみ、

神経に沿って暴れ、顔では三叉神経の

分布に一致した皮膚症状が出てきます。

過去に帯状疱疹が起きたことがあると

三叉神経痛と同じような症状を発症します。

・舌咽神経痛

→三叉神経痛と同様の痛みが喉の奥で起こります。

嚥下時に痛みが誘発され、

耳の穴の奥や首の前面に痛みが

走ることがあります。

ただ、舌咽神経痛は非常に稀です。

・副鼻腔炎

・特殊な脳梗塞

などがあります。

特に帯状疱疹後三叉神経痛は、

特発性三叉神経痛と同様の症状が出るため、

痛みの性質だけでは区別がつかず、

過去に顔面に帯状疱疹が出たことがないか

確認する必要があります。

<三叉神経痛の治療>

三叉神経痛の治療としては、

・内服薬

・手術

・ブロック注射

などがあります。

約8割の方は内服薬で

一時的に痛みが消失あるいは相当改善します。

しかし、

薬は副作用もあり、

あまり飲みたくない方、

手術は避けたい方など

多くいらっしゃるでしょう。

そんな方には鍼灸治療をオススメします。

鍼灸治療は神経症状に効果的で、

長期にはなりますが

強い症状も改善されてきます。

少しでも気になる方、

三叉神経痛以外でも

神経痛にお困りの方がいましたら

一度、

垂水坂口鍼灸整骨院にご相談ください。

垂水坂口鍼灸整骨院> 

鍼灸ページ

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。