交通事故で引き起こされるむち打ち症 【垂水坂口鍼灸整骨院】

2018年07月16日

みなさんこんにちは!

 

垂水坂口鍼灸整骨院の安藤です。

 

今回はむち打ち症の分類についてお話させていただきまス(^^)/

 

むち打ち症と言っても1つではありません!

 

5つのに分けられています。大きく分けて5つです!

【頸椎捻挫型】【根症状型】【バレ・リュウ―症状型】【脊椎症状型】【脳脊髄液減少症】

 

 

【頸椎捻挫型】

むち打ち症で1番多い形で全体の70%~80%を占めています。

頚部の急性外傷で頚部の軟部組織が損傷されたものです。

頚部の周囲の筋肉や靭帯などが過度に伸ばされて断裂した状態です。

頚部の捻挫により炎症を起こしたものです。

痛みは首を伸ばすときに強くなります。首や肩の可動域制限が起きるようになります。

ひどいときは頭痛やめまい、吐き気が起こります。

 

【根症状型】

頸椎は第1頸椎から第7頸椎まで7個の脛骨が連なっています。その中の脊髄を通り神経根言う太い神経が出ており肩や腕などの末梢神経に伸びています。

交通事故による衝撃で頸椎に歪みが出来ると神経を圧迫しさまざまな症状が出ていきます。

頚部の運動制限にくわえて腕の痺れ、だるさ、後頭部の痛み、顔面の痺れなどが現れます。

これらの症状は咳やくしゃみ、頚部を横に曲げたり回したりすると強くなります。

知覚障害や反射異常、筋肉低下を伴うことがあります。

神経根んは支配領域が決まっているので症状が出ている部位によってどこの神経根が損傷しているかを大まかに予測することができます。

【バレ・リュウ―症状型】

バレ・リュウー症候群は後部交感神経症候群とも言います!

頸椎に走っている後部交感神経が損傷し、頸椎同動脈を収縮させ、脳や脊髄への血流が低下することです。そのため 交感神経が過度に緊張して自律神経のバランスが崩れさまざまな症状を引き起します。

検査でいじょうがみられないものは自律神経失調症と言いますが交通事故の受傷で頚部の自律神経機能に障害が出ているものを総称してバレ・リュウー症候群

症状として頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気顔の左右に鈍痛、目の疲れ、視力低下などが現れます。またのどの異常感、かすれ声、心臓の苦しさ、全身の嫌悪感、集中力の低下も起こりえます。最も多いのは頭痛です。特に後頭部に出てきます。首の痛みより頭痛が先に出ている人はバレ・リュウー症候群が疑われます。神経根症状とバレ・リュウ―症状型の両方の症状が出るタイプもあります。

 

【脊椎症状型】

頸椎の脊柱管を脊髄が傷ついたり下肢に伸びる神経が損傷され下肢の痺れや感覚異常が起こり歩行障害が現れるようになります。また膀胱直腸障害が生じ、尿や便が出にくくなるこーせがあります。むち打ち症で最も重症です。ですが最近ではむち打ち症に分類されなくもなってきているようです!

【脳脊髄液減少症】

むち打ち症状の原因の1つとして最近にわかに注目を集めているのが脳脊髄液減少症です。

以前は低髄液圧症候群とも呼ばれていました。

脳や脊髄は無色透明の「脳脊髄液」で満たされていて、脳と脊髄の間を循環しています。

脳脊髄液は主に脳や脊髄を衝撃から守るクッションの役割を果たしていると考えて今います。

この脳脊髄液が交通事故の外力で1次的に急上昇しその圧力が津波のように下方に伝わることによって腰椎の神経根に最も強い圧がかかります。其の結果脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏れ出すことで減少し症状が現れると考えています。

症状は極めて多彩で頭痛、首の痛み、めまい、耳鳴り、聴覚障害、ふらつき、吐き気、視力障碍、顔面痛、全身嫌悪感集中力低下などがあります。

特徴的なのは頭痛です。

気圧の変化で頭痛が変わる起床時が1番痛いなどがあります。

検査としてはMRI診断で分かります

治療法は脳脊髄液が出ているところを修復するブラッドパッチという治療がよく聞きます

 

むち打ち症でお困りの方はぜひ垂水坂口鍼灸整骨院にお越しください!!

 

 

 

 

自律神経失調症って?なんとかしたい方は是非‼︎(神戸市垂水区舞多聞、小束山、西区、舞子)

2018年01月29日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今週は大寒波の襲来でかなり冷え込み

雪もちらつきました。

みなさま、風邪など体調は崩していませんか?

インフルエンザや胃腸炎なども

流行っているのでお体にお気をつけください。

 

「自律神経失調症」について

<自律神経とは>

まず、

自律神経とは、自分の意思では動かせない、

生命活動に関わる重大な部分の働きを

自然にコントロールしている神経です。

自律神経は、

私たちの意識や状態とは

無関係に24時間休みなく働き、

睡眠中も心拍や呼吸は止まることなく、

消化器系は栄養の分解や貯蓄など

日々の活動に必要な準備を

整えながら過ごすことができます。

また、体温調節の役割も担っており、

外部環境に合わせて、

暑い時の発汗や寒い時の血管収縮(鳥肌など)、

血液量の調節も自律神経が関わっています。

このように、

自律神経は生命活動に必要不可欠な存在であり、

これらの働きが乱れると

汗がかけない、冷えやのぼせ、

ドライアイやドライマウスなどの

体には様々な不調が出現してきます。

そんな自律神経は、

「交感神経」と「副交感神経」があり、

交感神経は、

・筋肉の緊張を保つ

・心拍数、呼吸数を上げる

・瞳孔を開く

・脂肪を分解し、エネルギーをつくり出す

上記のような働きがあり、

活動が活発であったり、緊張状態の際に優位に働きます。

一方、

副交感神経は、

・消化器系(胃や腸)の働きを促進し、消化吸収と蓄積を行う

・筋肉の緊張緩和

・心拍数、呼吸数の抑制

上記のような働きで、

身体をリラックスさせたり、

消化や排泄、睡眠など

健康を維持するのに重要となります。

これら2つの神経は、

1日の中で内部や外部の

状況に合わせて強弱が切り替わり、

常に違いが支えあって働いています。

この2つの神経バランスが

崩れることで様々な問題が起き、

これが慢性的に起きた状態を

「自律神経失調症」といいます。

たいてい交感神経の活動が強まり、

過緊張状態になっていることが

多いといわれています。

<自律神経失調症の症状>

自律神経は全身の器官をコントロールしているため

バランスの崩れにより全身の様々な症状が出現します。

例えば、

動悸、息苦しさ、下痢や便秘、

頭痛(頭重感)、

耳鳴り、目の疲れ・乾き、めまい、

口の渇き、冷え、多汗、

頻尿、倦怠感、食欲不振、生理不順、

高血圧、不眠、気力が起きない

などなど、

あげると多くの症状がありますが、

その人の体質や精神状態によって強く現れる症状も変わり、

一様に決まった症状はありません。

<自律神経失調症の原因>

自律神経の原因は、

症状と同様に人によって様々で、

いろいろな原因が複雑に絡み合っているといわれています。

そんな原因を大きく分けると、

・ストレス

・生活習慣の乱れ

・ホルモン(甲状腺ホルモン、女性ホルモン)

上記の3つが挙げられます。

ストレスには様々なものがありますが、

人間関係や仕事、

環境の変化など精神的なストレスは

自律神経に与える影響が特に大きいです。

生活習慣の乱れでは、

まず自律神経は生活リズムに従い

コントロールされるため

夜更かしなどは

「夜間は副交感神経優位、日中は交感神経優位」

のバランスを崩してしまいます。

悪影響を与えるものとして、

カフェインやタバコなどが挙げられます。

ホルモンは自律神経と密接な関係があり、

その中でも

身体の代謝を高め、交感神経を活性化させる

「甲状腺ホルモン」や

脳の視床下部(自律神経系のバランスを司る)

をコントロールする「女性ホルモン」は

周期的・年齢的な変動や乱れやすさがあり、

自律神経失調症が

女性に多い原因として挙げられます。

<自律神経失調症の治療>

自律神経失調症の治療をしていく上で、

本質的な原因の理解と

根本的な治療をしていくことが大切です。

当院では、

交感神経が高まりからくる

筋肉の緊張や便秘、冷え、不眠などに対して

鍼灸治療を行っています。

地道に、長期的な治療になりますが、

症状に対してとても効果がある治療です。

垂水区や西区にお住いの

少しでもきによる、

薬に頼り続けるのは嫌、

そんな方は

是非一度、

垂水坂口鍼灸整骨院へご相談ください。

あなたにあった治療をご提案させていただきます。

 

【 坂口鍼灸整骨院グループ ~むち打ち交通事故治療専門~ 】

 

垂水坂口鍼灸整骨院ホームページ> 

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

自律神経ページ

655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

 

交通事故について(神戸市垂水区舞多聞西、小束山)

2018年01月6日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

交通事故のよくある質問・5つの特徴

 

くある質問について

①どんな治療を行うのか?

治療を行う前に、しっかりとお話を伺います。

機械ではなくて、治療家の先生による人の手で

お悩みの部分を確認させていただくき、

痛みの原因や患者様の現在の状態を

調べさせていただき、

手技を中心に治療させていただきます。

治療後は現在の患者様の状態について、

再度丁寧にご説明し、今後行っていく治療計画を

ご提供させていただきます。

②治療費は?

交通事故の場合、一般的には自賠険保険により、

治療費がまかわれますので、窓口負担はございません。

(交通事故の示談交渉の後に、

来院された場合でも、

当院では各種保険治療も扱っておりますので、

お気軽にお尋ねください。)

③現在、病院に通院しているが、転院・併用は可能かあるか?

可能です。

病院へ通院されている場合でも、

当院と同時に通っていただくことができます。

当院で治療を受け、病院でも定期的に

フォローアップされている

患者様もおられます。

④診断書などの証明書は発行できますか?

はい。できます。

各種証明書

・診断証明書・施術証明書などを発行いたします。

また、傷害保険などをかけていたら、

その証明書も作成いたします。

⑤病院での診断書を受けた後、

ほかの場所も痛くなってきたのですが?

事故直後は、緊張が強く、痛みがあまり感じとられない

場合があります。

後から、痛みが強くなった場所がある場合も、

治療は可能です。

できれば、病院でもう1枚の

診断書を頂くといいと思います。

こういったケースはたくさんありますので、

病院も対応してくれることが多いです。

当院の交通事故の5つの特徴

①交通事故の治療にかかる費用は0円です。

自賠責保険適用の場合、保険会社が

治療費を負担してくれます。

整形外科との併用も可能です!!!

(どちらも保険適用ですのでご安心ください。)

無料での、ご相談も随時行っています。

②レントゲンで異常がなかった方も安心!

レントゲンを撮った際に、

何も異常がないといわれたのに、

身体が重くなったり、

治療を続けていても意味があるのか?

と疑問に思う場合が多くあります。

そういった様々な不安を

抱えている人が多いのですが、

よくあることなので

遠慮しないでご相談ください。

③保険のご相談もお気軽にしてください!!!

当院、垂水坂口鍼灸整骨院はたくさんの、

交通事故治療を経験していますので、

保険の相談も可能です。

こんな場合は保険は聞きますか?

というご相談や保険会社さんへの連絡などもお気軽にご相談ください。

⑤完全個別対応!!!

徹底的に個別対応の治療で、

一緒に症状の改善をめざしていきます。

また、交通事故に遭われた方は、

悩みも痛みもさまざまであるので、

しっかりと治療家とカウンセリングさせていただき、

精神的なサポートをさせていただきます。

こんな小さい症状でも危険!!!

☑吐き気  ☑めまい  ☑しびれ

☑目のかすみ  ☑冷え  ☑頭痛

一つでも当てはまる場合は、

当院スタッフへご相談ください。

交通事故後によくでる症状”むち打ち症”とは?

主に自動車の追突、衝突、急停車などにより首が

むち(鞭)のようになったため、

起こる症状を総称したものです。

正式には「外傷性頚部(けいぶ)症候群」

「頚部(頚部)捻挫」として、

診断名がつけられることがおおいです。

自動車の交通事故のほかに、

労働災害・スポーツ障害に

よっておこることが多いです。

もし、交通事故をおこし、

お困りの方がいましたら、是非ご来院ください。

 

 垂水坂口鍼灸整骨院 

事故ページ

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

 

交通事故・むち打ちからも起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」とは??(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、名谷、西区、舞子)

2017年12月26日

こんにちは。

神戸市垂水区舞多聞、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

今回は、交通事故で多くあるむち打ちからも

起こりえる「頚部椎間板ヘルニア」

についてお話しします。

頚椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、

体内のある臓器が本来あるべき位置から

脱出してしまった状態を指します。

有名なところでは、

・臍ヘルニア〈でべそ〉、

・鼠径ヘルニア〈脱腸)

があります。

これが背骨のクッションである

椎間板におこったものを

椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中に存在する髄核という

ゲル状の組織が、

外に飛び出してしまった状態です。

次に頚椎についてですが、

頚椎は全部で7つあり、

上から順に第一頚椎、第二頚椎と

名付けられます。

各頚椎間には椎間板と

呼ばれる組織があります。

この椎間板は上下の頚椎を連結しており、

ある程度の弾力がありますが、

この椎間板の組織がこわれて

脊髄や神経根が急激に

圧迫されるようことがあります。

これが、頚椎椎間板ヘルニアと

呼ばれるものです。

飛び出したヘルニアが

神経を圧迫することで

様々な症状を引き起こします。

交通事故よる外力、加齢による変性、

姿勢不良、激しい運動などによる負担が

椎間板にかかることで発症します。

一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや

放散痛が生じるタイプで、

「しびれ」を生ずる場合と、

軽度の場合、首の痛み、肩こり、

軽い手のしびれなどを訴えます。

徐々に首を反らす動きが

制限されるようになり、

腕や手に痛みが走るようになります。

重症化してくると手や

腕の感覚が無くなったり、

握力を始め筋力が低下してきます。

手先を使う作業が上手くできなくなり、

場合によっては下半身にも症状が出現します。

重症例では早期の治療が非常に重要です

両手の「しびれ」がみられたり、

両手を使って行う細かい動作

・箸を使う動作

・ボタンをかける動作

・ページをめくる動作

など巧緻運動が

徐々に出来にくくなったり、

両足が足先から段々としびれてきたり、

歩行がなんとなく

不自由になるなどの症状です。

頚椎カラーは有用なこともありますが、

この装具を長期間使用していると

頚部の筋肉が萎縮してしまい、

かえって長期にわたる

頚部痛が残ることもありますので、

漫然とした使用は避けるべきです

頚椎椎間板ヘルニアの原因

交通事故によるむち打ちによっておこる他に、

はっきりした原因は

分からないことが多いですが、

加齢による椎間板の変形

によって飛び出すことや、

猫背などの姿勢の悪さ、

スポーツが原因で発症することもあるので

若い人も注意が必要です。

特に30~50代に多く見られる病気です。

また、頚椎の脱臼など外傷が

起因するものもあります。

治療法としてきをつけたいのが、

牽引です。

牽引をすべて否定するものではありませんが、

日本の頚椎専門の医師の中では

「頚椎牽引は無効である」。

と言い切られる医師もおられます。

垂水坂口鍼灸整骨院では、

頚椎椎間板ヘルニアに骨盤の

歪みや姿勢からくる

根本治療が必要なもののひとつと

考えています。

それは、骨盤は背骨の土台であり、

特に座っている時に骨盤が傾いてしまうと

上半身も同じ方に傾いてしまいます。

そういったなるべくして

なってしまった症状を

根本から治療していきます。

 

そして、

垂水坂口鍼灸整骨院は

むち打ち治療協会認定院です。

もし交通事故でお困りのことが

ございましたら、一度ご相談ください!!

【 坂口鍼灸整骨院グループ

 ~むち打ち交通事故治療専門~ 】 

垂水坂口鍼灸整骨院> 

交通事故・むち打ち

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。