冬バテとは?姿勢・運動も関係する!?(神戸市垂水区舞多聞西、小束山、舞子)

2018年02月21日

こんにちわ。

神戸市垂水区舞多聞西、小束山にあります、

垂水坂口鍼灸整骨院です。

冬バテとは・・・姿勢・運動も関係する!?

 

寒さも厳しくなってきました。

厳しい寒さによって、

・やる気が出ない

・体が重くてだるい

・とても体が疲れやすい

などに悩まされていないでしょうか?

もしかしたら、その症状は”冬バテ”かもしれません。

夏に起こる”夏バテ”は、

食欲不振や体がだるいなどの症状があります。

”夏バテ”はよく聞く言葉かもしれませんが、

”冬バテ”はあまり聞かない言葉ですよね。

”冬バテ”は、そのままにしておくと、

自律神経の動きが乱れる可能性があります。

 

夏バテとは?

外の気温と室内のクーラーとの温度差により

自律神経がへとへと状態になる。

そのことにより・・・

心身ともに力がはいらなくなる。

 

冬バテとは・・・?

寒さや行事、仕事の忙しさでストレスがたまり、

自律神経では交感神経だけが高くなる。

そのことにより・・・

心身ともに、常に緊張状態でまったく休まらない状態になる。

・からだのだるさ

・疲労感

・風邪が引きやすくなる

などのさまざまな症状が起こります。

リラックスしている時や、寝ているときなどに

働く副交感神経が働かない状態が続いていけば、

寝ていても、まったく休んだ気がしないという

状態になってしまいます。

冬バテになる4個の原因があります。

①寒い日が続く

体が冷めて、血管が収縮し、

血の巡りが悪くなる

②筋肉の衰え

冬は体が疲れやすいうえに、

体の中で上手に熱が作られずに、

元気に動く力が不足します。

③日が短い

夏に比べて、太陽の光を浴びている

時間が少ないので、気持ちが沈みやすくなる。

などの原因で冬バテになりやすい

といわれています。

交換神経と副交感神経のはたらきをきちんと整えるには

規則正しい生活を送ることが重要になっています。

このようなことに心掛けましょう。

①食事は規則正しくバランスの良い物を食べましょう

必ず一日三食は食べましょう。

そして、バランスの良い食事をとることが重要です。

抗酸化成分である、

玄米・ゴマ・海藻類などを

摂ることをおすすめします!

②体を温めましょう

38~40℃が最適だといわれています。

ゆったりとお風呂につかることで

だんだんと体が温まってきて、

リラックスモードである副交感神経の

働きが高まります。

③体を冷やさず温かい服装をしよう!!

急に体を冷やすと、交感神経が緊張していまうので

なるべく、厚着をして外出しましょう。

④運動をしよう

室内で、できるような運動で、

ゆっくりとしたペースで、運動を行うと

副交感神経の働きが高まります。

⑤呼吸・姿勢を気を付ける

寒くなるので猫背になりがちですが、

ゆっくりとした呼吸をすることにより、

姿勢もよくなります。

そして、冬の季節になると

クリスマスや年末年始などたくさんたのしいイベントが

たくさんあり、忙しくなります。

楽しくてつい、無理してまで楽しんでいまいます。

なので、活動モードである交感神経ばかりが働き、

休みモードの副交感神経が動かなくなっています。

そして、冬の季節は寒くて、

運動したり、身体を動かしたりするのが

めんどくさくなる季節でもあります。

しかし、身体を動かして運動しないと、

動いていない筋肉はだんだんと衰えていき

さらに、身体が冷えやすくなっていきます。

そうなると、身体は熱が逃げないように

一気に交感神経を緊張させて、血管を収縮させていきます。

寒さから体を守るため、いつも常に交感神経ばかりが

働いてリラックスさせる副交感神経が働きにくくなるのです。

このように、冬バテになるにはさまざまな

理由によって起こります。

冬バテにならないように気を付けて、

楽しい冬の季節を楽しみましょう。

もし、なにかお困りのことがありましたら

垂水坂口鍼灸整骨院までお電話ください。

 

〇垂水坂口鍼灸整骨院HP

〇垂水坂口鍼灸整骨院

ムチウチ・交通事故治療、腰痛、肩こり、神経痛、関節痛、頭痛

体のゆがみ・姿勢(骨格・骨盤矯正)、猫背(ネコ背矯正)、産後矯正、プロポーション

などでお困りでしたらご相談ください。

〒655-0051

神戸市垂水区舞多聞西6丁目1番地

メディカルセンター北棟1階

℡ 078-647-8500

【学園都市駅から車で10分】

【伊川谷駅から車で15分】

【名谷駅から車で15分】

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています