肋間神経痛

  • ・咳をすると痛み
  • ・深呼吸をすると痛い
  • ・肋骨にラインに痛みがでる
  • ・整形で肋間神経痛と診断された
  • ・寝返りをしたときに痛くて起きた

背中から胸のラインに咳や身体を伸ばしたり、寝返りをしたときに背中から胸ラインに痛みがいつもでておりませんか?

それは「肋間神経痛」の可能性があります!

肋骨に沿って背中から胸のあたりを各肋骨の下を走行している「肋間神経」。

その神経の圧迫や伸張された痛みを“肋間神経痛”といいます。

痛みの場所からぎっくり背中と似ていることもありますが、

刺したようなチクチクとした鋭い痛みがあるにも関わらず、

特定の動かし方だけ痛みが走り、

検査しても特に異常が見られないことも多くあります。

「こんなに長い期間痛いのは悪い病気なのでは?」と不安になる方がたくさんいます.

原因:肋間神経痛

神経症状の一つである肋間神経痛は、肋骨と肋骨の間の神経のことです。

神経痛とは神経の支配領域に起こる激しい痛みであったり、重だるさ、痺れのことです。

痛みは背中や胸の奥で針で刺されたような鋭い痛みで不規則な感覚でくり返し起こることもあります。

肋間神経が骨や筋肉に圧迫(絞めつけられて)・伸張さによりおこるのが肋間神経痛です

生活習慣病(運動・食事・睡眠など)、外傷、骨折、精神的ストレス、加齢、

脊椎の疾患(帯状疱疹・変形性脊椎症など)など要素は様々ですが、

軽いものから重いものまで誰にでもおこる身近なものです。

垂水坂口鍼灸整骨院・整体院 肋間神経痛治療について

精神的・身体的ストレスが肋間神経痛の原因となる!

坂口鍼灸整骨院・整体院では鍼灸治療もおこなっており、ストレスや神経痛の症状に対して東洋医学の面からもみます。リラックスした状態をつくるために、崩れや乱れた自律神経の働きを正常化し、崩れや乱れを改善していきます。また緊張状態にある筋肉・痛みを緩和するため、神経の滞りの原因になっている筋肉に対して鍼灸治療することで循環がよくなります。

 

身体が歪むことで肋間神経痛が圧迫され、ストレスもかかり多くの場合は、痛みがでます。

そのため、日常や仕事での姿勢が、猫背の人や、デスクワークで下を向く時間の多い方は肋間神経痛になる歪みが形成されやすいともいえます。

 

身体が緊張し固まる理由に、ストレス環境もあります。背中や肩の筋肉に緊張を生じ負担をかけ、段々と姿勢が悪くなっていき、骨格・骨盤そして姿勢も歪んできます。その結果、肋骨間の神経が骨・筋肉などに圧迫されて痛みがでます。

そこで長年かけて歪んだ骨盤・骨格に対して、

当院独自の治療法である「MPF療法」で歪みの原因である深層筋(インナーマッスル)調整をおこない改善します

当院でおこなってきたMPF療法は、手技で多くの方に実績を残しています。

深層筋は身体を支える筋肉で、骨盤や背骨に付いているこの深層筋を正常な状態にする事で身体の歪みを矯正していきます。

 

多くの方が抱える問題として、運動不足による支えられない身体の方が多くいます。

この身体を支えの問題として深層筋(インナーマッスル)の筋力低下があります。

垂水坂口鍼灸整骨院・整体院では自分でなかなか鍛えることが困難な筋肉で、成人の多くが弱くなり、身体の歪みの原因となっている深層筋(インナーマッスル)を鍛える理想的なトレーニング方法「楽トレ」を導入しています。

30分寝ているだけで深層筋(インナーマッスル)のトレーニングがおこなえます。

 

生活習慣肋間神経痛の改善にはストレスの原因を見つめ直したり、を正すことが必要です。

垂水坂口鍼灸整骨院・整体院では治療だけでなく、院外での日常・仕事で気をつけること、ホームケアなどもお伝えさせていただいています。